> How to Use > Macファイル復元 > Macから削除や損失されたWordファイルを復元する方法

Macから削除や損失されたWordファイルを復元する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: Macファイル復元 | 2021年06月10日に更新

概要:

Microsoft Wordは日常生活にとって重要な役割を果たしています。しかし、様々な原因によってMacコンピュータでWordファイルが損失してしまうことがあります。こんなことが起こったら無数のトラブルが引き起こされるため、削除や損失されたWordファイルを復元する方法事前に知っておくと便利です。

 

Microsoft Wordは日常生活にとって重要な役割を果たしています。しかし、多数の原因によってMacコンピュータでWordファイルが損失してしまうことがあります。こんなことが起こったら無数のトラブルが引き起こされるため、削除や損失されたWordファイルを復元する方法を身につけるのは重要なことです。

Macでワードの復元はなぜ必要?

Macで、何らかの原因によってWordファイルが消えてしまいました。その原因といえば、保存せずにMac のWordを閉じた、wordファイルが破損していた、Wordを開く時にエラーが発生した、wordファイルにウイルスが侵入した、システムエラー、不適切な操作など数えきれないほどの原因が存在します。なので、Wordファイルがいつ、どこで、どうして紛失してしまったのか特定することは難しいです。

それでは、消えてしまった大事な書類でもあるwordファイルを復元することが可能ですか。データ復といえば多くのユーザーが一度は経験する出来事だと思います。方法としては、Macをデータ復旧センターに持ち込んで、高額費用を支払ってMacのwordファイルを復元してもらうことも可能でス。しかし、実際には、専門的なツールを使って、自分でもMac wordの復元を行えます。

方法1.MacでWord復元を実行できるファイル復元ソフト

Macでwordファイルが何らかの原因でなくなっても心配無用。幸いことに、ここでは自分でも復元できる役に立つ専門なソフトに出会うことができます。それはMac向けWord復元ソフトです。このMac用Wordファイル復元ソフトを利用してMacでの消えたwordファイルを3ステップだけで復元できます。直感的なUIデザインのことで、パソコン初心者でも使用上にはあまり難点がありません。

Word復元ソフトでMacのWordを復元・修復する手順

上記のMac向けWordファイル専門復元ツールを使っていれば、「選択→スキャン→復元/修復」といった簡単な3ステップで復元することが可能です。詳細のチュートリアルは次の内容を読んでください。

破損ファイルの修復に関する案内:ソフトは復元中にワードファイルの破損状態を自動的に診断します。ワードファイルに破損があることを検出する場合は、復元中に、ワードファイルの修復プロセスが自動的に実行されます。

Step 1: ハードドライブをスキャンして失ったWordファイルを検索します。

EaseUS Data Recovery Wizard for Macを実行して、探したいファイルの保存場所を選んで「スキャン」ボタンを押してプロセスを続けます。続いて、失われたWordファイルを検出します。

EaseUS Data Recovery Wizard for MacでMacから削除や損失されたWordファイルを復元するステップ1

Step 2: 削除や損失されたWordファイルをプレビューと復元

スキャンが終わったら、検索されたファイルは全て左側に表示されています。 復元したいファイルを簡単に見つけてプレビューするため、復旧可能なファイルをパス、種類によってリストすることができます。最後に、選んだファイルをマークし、「今すぐ復元」をクリックして復旧します。

EaseUS Data Recovery Wizard for MacでMacから削除や損失されたWordファイルを復元するステップ2

EaseUS Data Recovery Wizard for Macは、Macで削除または破損したWordファイルを復元することが可能な上、MacでSDカードの回復など他のデータ消失トラブルを扱うことも可能です。 3つのステップだけで簡単に面倒なデータ損失の問題を解決することができます。

方法2.自動で保存されたファイルを回復

通常、Wordでは、予期しないシャットダウン、停電などのトラブルに備え、次回使用時に自動的に作業内容を回復させる機能があります。

Finderを切り替える場合は、コンピュータ上の任意のテンプレートファイルを検索するには、SHIFT + Gキーを同時に押して、移動を読み出し、ワードの自動保存フォルダーのパスを入力します。

今回はWordファイルの自動保存なので、パスは下記のようになります。

/Users/username/Library/Containers/com.microsoft.Excel/Data/Library/Preferences/AutoRecovery

※ usernameをユーザ名に置き換えて、フォルダーを開きましょう。

回復されたファイルを保持する場合は、すぐに保存クローズまたは編集する前に、必要があります。

方法3.一時なフォルダから未保存のエクセルを復元する

下記のステップに従って、一時フォルダ(Temporary/Temp)から未保存のWordファイルを復元しましょう。

1.「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」の順にクリックしてターミナルコマンドを開きます。

2.ターミナルコマンドでopen $TMPDIRを入力してエンターキーを押します。

3.「TemporaryItems」フォルダで未保存のワードファイルを見つけて復元します。

macで一時ファイルのフォルダを開きます

方法4.Word で破損したファイルからテキストを回復する

1.[Word] メニューの [環境設定] をクリックします。

2.[作成および校正ツール] では、一般的な    [全般] アイコン をクリックします。

3.[文書を開くときにファイル変換形式を確認する] チェック ボックスをオンにして [全般] ダイアログ ボックスを閉じます。

4.[ファイル]、[開く] をクリックします。

5.右下にある [開く] メニューで、[ファイルの修復] を選択します。

6.[開く]、[ファイルの修復] の順にクリックし、破損した文書を開いて修復します。

7.文書を開きます。

参考:Microsoft office サポート

まとめ

Macで紛失/破損したワードファイルを復元する方法はたくさんあります。ワードアプリで自動保存機能をオンにされている場合は、自動保存場所から自動保存ファイルから復元するのは一番簡単な対処法だと思われています。自動保存場所をオフにしているか、そこで自動保存ファイルが見つからない場合は、方法3を参照して一時フォルダーからファイルを復元できる可能性があります。

また、ファイルが破損だけではなく、ファイル自体を見つけることができないという2重問題が起きたら、通常な方法で役立てないかもしれないので、本文で紹介したMac向けワードファイルの復元・修復ソフトを使いましょう。

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。