> How to Use > Macファイル復元 > Macで削除したドキュメントファイルを復元する方法

Macで削除したドキュメントファイルを復元する方法

Bak | カテゴリ: Macファイル復元 | 2020年09月29日に更新

概要:

Macユーザーは主にiWork(Pages、Numbers、Keynote)とMicrooft Office(Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Access、Publisher)でドキュメントファイルを作成しています。重要なドキュメントファイルは様々な原因で突然消失してしまう可能性があります。この記事では、ドキュメントファイルが紛失した原因とその対処法について話します。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

はじめに

Macユーザーは主にiWork(Pages、Numbers、Keynote)とMicrooft Office(Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Access、Publisher)でドキュメントファイルを作成しています。重要なドキュメントファイルは、様々な原因によって、突然消失してしまう可能性があります。この記事では、ドキュメントファイルが紛失した原因とその対処法について話します。

ドキュメントファイル紛失のよくある原因

  1. ・操作ミス:誤ってファイルを削除した、ゴミ箱を空にしたなど
  2. ・フォーマット:ディスク、パーティション或いはメモリカードのフォーマット
  3. ・ウィルス:一部のウィルスはディスクのファイルシステムを破壊して、ファイルの消失を引き起こす
  4. ・データ転送中の接続切断:データの転送を実行している間、電源を切ったや接続を切断した
  5. ・そのほかの原因

下記内容は、Macで失われたWord、ExcelやPPTなどのドキュメントファイルを復元する方法を紹介します。

Macで削除したドキュメントファイルの復元を実行する方法

ほとんどの場合、Mac対応の復元ソフトを使って、紛失したドキュメントファイルを復元することができます。次は使いやすい復元ソフト - 「EaseUS Data Recovery Wizard for Mac」の日本語版を使って、失われたドキュメントファイルを復活させる手順を紹介します。この高機能の復元ソフトは、iWorkやOfficeのDOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT(PPT/PPTX )、PDF、CWK、HTML(HTM)、INDD、EPS、PAGES、KEY、NUMBERSなど、すべてのドキュメントファイルの復元に対応しています。下記ボタンから、ソフトのWindows版Mac版をダウンロードすることができます。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

Step 1.ソフトをインストールして実行します。

Step 2.ファイルが保存されていた場所を選んで、「スキャン」をクリックします。

1.Macで削除したドキュメントファイルを復元する方法

Step 3.クイックスキャンディープスキャンが自動的に行われます。(完全復元のために、スキャンが完了するまで、しばらくお待ちください。)

2.Macで削除したドキュメントファイルを復元する方法

Step 4.スキャンが完了した後、すべての復元可能なファイルが表示されます。復元したいドキュメントファイルを選択して、「今すぐ復元」をクリックして、場所を指定して保存します。

3.Macで削除したドキュメントファイルを復元する方法

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

Macで削除したファイルを復元する方法を紹介するビデオチュートリアル

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。