> How to Use > Macデータ復元 > macOS10.13データ復元 - システムドライブからデータを復元

macOS10.13データ復元 - システムドライブからデータを復元

Tioka | カテゴリ: Macデータ復元 | 2020年09月29日に更新

概要:

macOS10.13にアップグレードすることで、システムドライブから大事なデータが消えてしまいました。あるデータ復旧ソフトを使用してみましたが、全然効果がないようです。どうすればデータを復元できますか。この記事では、macOS10.13にアップグレードした後、システムドライブからデータを復元できるソフトとその使い方を皆さんに紹介します。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能
 

「昨日、最新のmacOS 10.13にアップグレードしたら、大事なデータはシステムドライブから消えてしまいました。取り戻し方について色々調べた結果、あるデータ復旧ソフトを購入することにしました。そのソフトでシステムドライブをスキャンしようと試みましが、場所をシステムドライブと指定できませんでしたので、全然効果がありませんでした。今、どうしようか悩んでいるところです。どなたか解決方法をご存知でしょうか?お手数かけますが、ぜひ助けてください。」

macOS 10.13システム上の要求により、Macユーザは、任意アプリから内蔵システムドライブへのアクセスが拒否されています。ですので、その場合、データ復旧ソフトは効果がなさそうですが、実際にはそうではありません。次で、ソフトを有効にするガイドを紹介しますので、以下へお進みください。

macOS10.13でシステムドライブからデータを復元する方法

データ復旧ソフトでシステムディスクからデータを復元したいなら、まずシステム整合性保護を無効にする必要があります。それでは以下のユーザガイドに従いながら、2ステップでデータを取り戻しましょう。

ステップ1.Macのシステム整合性保護を無効にします。

  1. 1. Macのメニューをクリックし、再起動を選択します。
  2. 2.Command + Rリカバリモードに入るまで押し続けます。
  3. 3.ユーティリティのメニューからターミナルを選択します。
  4. 4.ウィンドウでcsrutil disableを入力し、Returnを押します。
  5. 5 .最後、macを再起動します。

以上の操作で、データ復旧ソフトがシステムにアクセスが許可されるようになります。強力なデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard for Macがいつものように動作でき、システムドライブからデータを復元できるようになります。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

ステップ2.EaseUS Data Recovery Wizard for Macでデータを復元

1.EaseUS Data Recovery Wizard for Macを運行して、紛失されたファイルの元保存場所を選択してから「スキャン」をクリックします。

紛失場所を選択し、スキャンします
2.クイックスキャンとディープスキャンによって復元可能なファイルが表示されます。

スキャンプロセス
3.スキャンが終わると、復元したいファイルをチェック入れてから、「今すぐ復元」をクリックして、パソコンに復元します。

 MACOS10.13システムドライブから紛失したデータを今すぐ復元

他にもmacOS10.13でシステムドライブからデータを復元する方法もありますので、以上の方法が役に立たない場合、以下のmacOS High Sierraでシステムドライブデータ復元ソリューションをご覧下さい。

無料体験Mac向け 無料体験Windows向け
復旧率97.3% 3ステップで復元可能

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
Macのデータを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。