> How to Use > iPhoneロック解除 > 対処法:iPhoneを再起動すると、リカバリーモードになってしまった

対処法:iPhoneを再起動すると、リカバリーモードになってしまった

Tioka | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2020年12月01日に更新

概要:

iPhoneを再起動すると、リカバリーモードになってしまった場合、どうやって修復すればいいですか?本文では、iPhone/iPadがリカバリーモードから脱出できなく、正確に機能することができない時の対処法を皆さんに紹介します。それでは、本文を詳しく読んでいただき、iPhoneのリカバリーモードについてもっと理解してみましょう。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼
 

iPhone・iPadのリカバリーモードについて

リカバリーモードとは

iPhone・iPadなどのiOS端末のリカバリーモードとは、端末に何か不具合が発生して強制的なリセット・初期化が必要となる時に自動的に実行されるシステム機能です。リカバリーモードはiPhone・iPadがエラーが発生する時の最有効な対処法としてユーザーに利用されています。

iOSのバージョンによって、リカバリーモードの表示も少し違っています。最新のバージョンでは「Lightingケーブル経由でパソコンに接続する」という画面となり、それ以前のバージョンでは、「Lightingケーブル経由でiTunesに接続する」画面となります。いずれの画面が表示されても、iPhone・iPadをリカバリーモードにしました。

iphoneリカバリモード

リカバリーモードが役割

iPhone・iPadなどのiOS端末には予想しないエラーが発生して、正確に機能できない場合、リカバリーモードで端末を復元するのはいつも有効的な対策だと思われています。

一般的には、次のような状況では、リカバリーモードを使ってiOS端末を復元する必要があります。

  • コンピュータで端末が認識されない、またはリカバリモードであると表示されている。
  • Appleロゴが数分間画面に表示されたままで、進行状況バーが表示されない。(リンゴループ問題の対策はこちら>>
  • リカバリモードの画面が表示される。
  • その他の問題...

上記のようなエラーが発生すると、iPhone・iPadを復元するには、リカバリモードにする必要があります。

リカバリーモードの入り方

もしiPhone・iPadをリカバリーモードにする必要がある場合、下記の方法に従って、デバイスをリカバリーモードにすることができます。(iPhone、iPad、iPod touch をアップデート/復元できない場合-Appleサポートより一部参照)

デバイスを接続した状態で、リカバリモードの画面が表示されるまで待ちます。

ホームボタン非搭載モデルの iPad:音量を上げるボタンを押してすぐに離し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。デバイスが再起動を始めるまで、トップボタンを長押しします。リカバリモードになるまで、トップボタンを押し続けてください。

iPhone 8 以降:音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。リカバリモードの画面が表示されるまで、サイドボタンを押し続けてください。

iphone-x-se-8-8plusをリカバリーモードにする方法

iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPod touch (第 7 世代):トップボタンまたは (サイドボタン) と音量を下げるボタンを同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまでそのまま長押しします。

iphone-7-7plusをリカバリーモードにする方法
ホームボタン搭載の iPad、iPhone 6s 以前、iPod touch (第 6 世代) 以前:ホームボタンとトップボタン (またはサイドボタン) を同時に押し、リカバリモードの画面が表示されるまでそのまま長押しします。

iphone-se-6sをリカバリーモードにする方法

対処法:iPhoneがリカバリーモードになってしまった問題

対処法1.iPhoneを強制的再起動してリカバリモードを解除

iPhoneがリカバリモードになってしまったら、一番簡単な解決策は強制的再起動です。

iPhoneでリカバリーモードの解除方法は非常に簡単です。もしリカバリーモードに入る経緯に心当たりがなくて、このモードを解除して、リカバリーモードの状態から脱出したいと思う場合、iPhoneを強制再起動すれば、リカバリーモードを解除することができます。次は、各端末で強制的再起動する方法を皆さんに紹介します。

iPhone 6シリーズとそれ以前の端末:

ホームボタンとスリープボタンを10秒以上押し続けます。

iPhone 7シリーズ:

音量を下げるボタンとスリープを10秒以上押し続けます。

iPhone 8シリーズ及びそれ以降の端末:

1.音量を上げるボタンを押してすぐ離します。
2.音量を下げるボタンを押してすぐ離します。
3.Appleロゴが表示されるまでサイドボタンを押し続けます。

上記の手順に従って、リカバリモードを解除することができます。しかし、もしiPhoneに何か不具合がある場合、強制的再起動しても、またリカバリモードに入る問題があります。このような場合、iPhoneを復元しなければなりません。それでは、次の対処法を見ていきましょう。

対処法2.iTunesでiPhoneを復元する

iPhoneを強制的再起動しても、iPhoneがリカバリモードになってしまった問題、またはリカバリモードから脱出できない問題を解決できない場合は、問題のあるiPhoneをパソコンに接続して、iTunesでiPhoneを復元する必要があります。

1.パソコン上のiTunesを最新のバージョンにアップデートします。

2.リカバリモードと表示されているiPhoneをパソコンに差し込みます。

3.「iPhoneに問題があります。」という提示メッセージが表示されます。「アップデート」または「復元」ボタンをクリックしたら、iPhoneの状態が一新され、関連の問題も解決されます。

iTunesでiPhoneを復元する

対処法3.MobiUnlockでiPhoneがリカバリモードになってしまった問題を修復

ここでEaseUS MobiUnlockというツールを皆さんに紹介します。このソフトは非常に簡単なステップだけで「iPhoneがリカバリモードになってしまった問題」を修復することができます。プロセスを実行する時に、非常に分かりやすいガイドが付いていて、画面の指示に従って操作することができるので、非常に安心です。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

ステップ1.EaseUS MobiUnlockを起動し、リカバリモードになってしまったiOS端末をコンピュータに接続、「スタート」をクリックする。

mobiunlockでiPhoneのリカバリ問題を解決するステップ1

ステップ2.画面の指示に従って、iOS端末をリカバリーモードに入ります。

mobiunlockでiPhoneのリカバリ問題を解決するステップ2

ステップ3.接続された「端末のモデル」を確認し、「ファームウェアをダウンロード」をクリックし、端末の最新のファームウェアをダウンロードする。ファームウェアがダウンロードされたら、パッケージを選択して、「フォームウェアを認証」をクリックして、プロセスを完了する。

mobiunlockでiPhoneのリカバリ問題を解決するステップ3-1

mobiunlockでiPhoneのリカバリ問題を解決するステップ3-2

ステップ4.認証が完了したら、「ロック解除」ボタンをクリックする。続いて開くウィンドウで、表示された情報を入力し、再度「ロック解除」ボタンをクリックして、iPhoneに新しいファームウェアを書き込むことで、iPhoneがリカバリモードなってしまった問題が完璧に解決されます。

mobiunlockでiPhoneのリカバリ問題を解決するステップ4

ステップ5.処理が完了するのを待つ。iPhone端末がリセットされ、リカバリモード問題も修復されます。ここでいつものようにiPhoneを使うことができるようになります。

mobiunlockでiPhoneのリカバリ問題を解決するステップ5

ご案内:対処法2と対処法3に従って、問題を解決する場合、端末上のデータがすべて消去されます。もしiPhone上に大切なデータが存在する場合、support@easeus.comに無料相談しましょう。

今すぐダウンロード
6,000万利用者がご信頼

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>