> How to Use > iPhoneロック解除 > iPhoneのAppleロゴが点滅する?【リンゴ ループ修正】

iPhoneのAppleロゴが点滅する?【リンゴ ループ修正】

EaseUSの筆者のプロフィール写真

モンディー | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2022年11月01日に更新

概要:

iPhoneでAppleロゴがついたり消えたり点滅し、デバイスが通常どおりに起動できないのは、リンゴ ループというエラーが発生したためです。その場合、この記事で紹介する対処法を適用して、そのエラーを修正してみましょう。

 

h2:Appleロゴが表示されたままiPhoneが反応しないのはなぜ?

iPhoneがAppleロゴでフリーズしたのは、iOSデバイスにソフトウェアまたはハードウェアの問題があることを意味します。アップデートの失敗、脱獄(ジェイルブレイク)、アプリのエラー、ハードウェアの損傷、付属品の問題などが含まれます。
エラーのいずれかが発生したら、下記のガイドに従えば、エラーを修正することができます。

iPhoneがリンゴ ループになったときの対処法

エラーが発生した原因によっては、実行可能な解決策も異なります。たとえば、iPhoneをUSBケーブルでコンピュータに接続した後、Appleロゴが点滅する場合は、USBケーブルを交換するだけでいいです。原因がわからない場合や、システム エラーのせいでAppleロゴが点滅している場合は、次のような対処法を一緒に見てみましょう。

対処法1.iPhoneを強制的に再起動する

強制再起動を実行することを最初に試したほうがいいです。強制再起動によってデバイスのデータが失われることはなく、反応しないデバイスが再起動する可能性があるため、iPhone、iPad、およびiPod touchのソフトウェアの問題に対する最も一般的な対処法となります。
iPhoneを強制的に再起動するには:

  • iPhone 8以降の場合:音量を上げるボタンを押してすぐに放し、音量を下げるボタンを押してすぐに放します。その後、Appleロゴが表示されるまでサイド ボタンを押し続けます。
  • iPhone 7の場合:音量を下げるボタンとスリープ/スリープ解除ボタンの両方をAppleロゴが表示されるまで同時に押し続けます。
  • iPhone 6s以前の場合:スリープ/スリープ解除ボタンとホーム ボタンをAppleロゴが表示されるまで同時に押し続けます。

対処法2.リカバリ モードに入る

アップデートの失敗などのOS問題が原因でiPhoneがAppleロゴでフリーズした場合は、リカバリ モードがお役に立ちます。iPhoneをリカバリ モードにすることで、データを消去することなくiPhoneを最新のiOSにアップデートできます。それでも問題が解決しない場合は、最新のiOSとファームウェアでデバイスを復元することもできますが、iPhone上のすべてのデータと設定が消去されます。
iPhoneのOSをアップデートすることで、ソフトウェアの問題が原因である「iPhoneがAppleロゴでフリーズした」というエラーを修正できます。
iPhoneをリカバリ モードにしてアップデートまたは復元を実行するには、Appleの公式ガイドをご参照ください。

対処法3.DFUモードを使用する

DFU(デバイス ファームウェア アップデート)モードとリカバリ モードの両方とも、iOSを復元することができます。ただし、iOSの最新バージョンをiPhoneに自動的にインストールするためのリカバリ モードとは異なり、DFUモードでは、インストールするiOSのバージョンを選択することがサポートされます。そのため、iOSをダウングレードする場合は、DFUモードを選択することをお勧めします。
DFUモードにより、iOSが復元され、デバイス上のデータが消去されるので注意してください。
iPhoneでDFUモードに入る方法については、こちらの記事をご参照ください。
関連記事:無効化されたiPhoneのバイパス方法(iPhone 5/6/7/8/X/XR)

対処法4.サード パーティ製ツールを使用する

手動でリカバリ モードまたはDFUモードに入って、iOSを復元するのが嫌な場合は、iPhoneロック解除ソフトであるEaseUS MobiUnlockを利用することを強くお勧めします。iPhoneにiOSとファームウェアを再インストールすることで、パスコードなしでiPhoneのロックを解除できます。数回クリックするだけで、iPhoneのiOSを復元し、iPhoneのリンゴ ループを修正することもできます。
EaseUS MobiUnlockは次のような場合にも役立ちます。

  • iPhoneが無効になって、使用できない
  • iPhoneのパスコードを忘れた
  • iPhoneがAppleロゴでフリーズした
  • iDevice(アイデバイス)をパスコードなしでリセットしたい


iPhoneのファームウェアをアップデートするには、パスコードなしでiPhoneのロックを解除するのと同じ手順に従えばいいです。

ステップ1.EaseUS MobiUnlockを起動し、iPhoneをコンピュータに接続、「スタート」をクリックする。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ1

ステップ2.接続された「端末のモデル」を確認し、「ファームウェアをダウンロード」をクリックし、端末の最新のファームウェアをダウンロードする。ファームウェアがダウンロードされたら、パッケージを選択する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ2

ステップ3.選択したファームウェアがダウンロードされたら、「フォームウェアを認証」をクリックして、プロセスを完了する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ3

ステップ4.認証が完了したら、「ロック解除」ボタンをクリックする。続いて開くウィンドウで、表示された情報を入力し、再度「ロック解除」ボタンをクリックして、iPhoneのパスワードを消去する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ4

ステップ5.処理が完了するのを待つ。iPhone端末がリセットされ、パスワードも消去される。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ5

まとめ

Appleロゴが点滅するiPhoneを修正するには、主に2つの方法があります。デバイスを再起動するか、iOSを復元します。ソフト リセット、つまり再起動が機能しない場合は、代わりにデバイスを強制的に再起動します。iOSを復元するには、リカバリ モード、DFUモード、およびサード パーティ製ソフトウェア、3つのオプションが利用可能です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>