> How to Use > iPhoneロック解除 > パスワードなしでiPhoneをリセットする方法3選ーEaseUS

パスワードなしでiPhoneをリセットする方法3選ーEaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2021年01月06日に更新

概要:

パスワードなしでのiPhoneリセットには、3つの方法が活用可能です。主に、iTunes、iCloud、その他の専用ソフトを使って、iPhoneパスワードを消去するか、iPhoneデータを削除する方法を使用します。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

パスワードなしでiPhoneをリセットする必要がある状況とは?

iPhoneのパスワードを忘れた場合、何度も間違ったパスワードを入力して、iPhoneがロックされ使用できなくなってしまうことがあります。

上記のようなトラブルに遭ったら、パスワードを使わずにiPhoneをリセットすることで問題を解決できます。端末をリセットすると、パスワードを含むすべてのデータや設定が消去されるので、端末ロックが解除されます。

iPhone、iPad、iPod Touchをパスワードなしで工場出荷状態にリセットする操作は、主に、パスワードを紛失した場合や、端末を売りたい場合、また、画面が真っ暗になってしまったなどの端末の不具合を直すために行われることが多いです。

いずれの理由でも、パスワードを使わずに工場出荷状態にリセットしたい場合は、今回紹介する3つの方法が参考になります。

パスワードなしでiPhoneをリセットする場合の注意点

実際のリセット操作を始める前に、以下の注意点に目を通しておいてください。

工場出荷状態にリセットした後に、端末を再使用する場合は、Apple IDとパスワードが必要です。iPhoneをリセットすると、画面ロックは消去されるものの、Apple IDやiCloudのパスワードは消去されません。そのため、iCloudの情報は、端末を再設定する時やiCloud/iTunesバックアップから復元する場合に必要になりますので、覚えておきましょう。

iPhoneパスワードを忘れる前に、iPhoneをバックアップしたことがない場合、リセット後にデータを修復することができないので、気を付けてください。

上記の点を確認したら、以下の3つのリセット方法を参考にして、パスワードを使わずにiPhoneをリセットしてみてください。また、パスワードなしでのiPhone6での工場出荷状態リセットは、SiriでiPhoneパスワードをバイパスすることで行えます。

iOSロック解除ツールを使う方法

Apple製品以外のiOS専用ロック解除ツール―EaseUS MobiUnlockなどを使用して、iPhoneロックを解除することができます。このようなソフトは、iPhoneのパスワードを忘れてしまった場合や、パスワードを端末から消去したい場合に便利です。EaseUS MobiUnlockを使うと、端末データを全て消去してくれるので、簡単に端末をリセットすることが可能です。データ損失が心配な場合は、リセット操作を行う前に、iPhoneバックアップを忘れずに行ってください。それでは、以下の操作手順を参考にパスワードを使わずにiPhoneリセットしてみましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS MobiUnlockの操作手順

ステップ1.EaseUS MobiUnlockを起動し、iPhoneをコンピュータに接続、「スタート」をクリックする。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ1

ステップ2.接続された「端末のモデル」を確認し、「ファームウェアをダウンロード」をクリックし、端末の最新のファームウェアをダウンロードする。ファームウェアがダウンロードされたら、パッケージを選択する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ2

ステップ3.選択したファームウェアがダウンロードされたら、「フォームウェアを認証」をクリックして、プロセスを完了する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ3

ステップ4.認証が完了したら、「ロック解除」ボタンをクリックする。続いて開くウィンドウで、表示された情報を入力し、再度「ロック解除」ボタンをクリックすることで、iPhoneの初期化プロセスが始まります。(パスワードによってiPhoneをロックされていても、初期化も行えます。)

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ4

ステップ5.処理が完了するのを待つ。iPhone端末が初期化され、パスワードも消去されます。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ5

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

iTunesを使う方法

iTunesは終了しているものの、以前のようにこのソフトを使用することはできます。パスワードを使わずに、iPhoneをリセットしたい場合、端末をリカバリーモードにしてiTunesに接続するとリセット操作を行えます。リカバリーモードとは、iOSオペレーティングシステムを復元するための手法です。iTunesでiPhoneをリセットする時は、最新版のiTunesをダウンロードし、最新版のiOSがiPhone端末に再インストールしておきます。

iTunesを使って、パスワードなしでiPhoneをリセットするには:

1.コンピュータに最新版のiTunesをインストールする。

2.iPhoneをリカバリーモードにする。

  • iPhone 8/8 Plus以降:電源ボタンと音量調節ボタンを押して、電源オフスライダを表示し、スライダをドラッグして、iPhoneの電源を切る。電源ボタンを押しながら、iPhoneをコンピュータに接続する。リカバリーモード画面が表示されるまで、電源ボタンを押し続ける。
  • iPhone 7/7 Plus:電源ボタンを押して、電源オフスライダを表示し、スライダをドラッグして、iPhoneの電源を切る。音量を下げるボタンを押しながら、iPhoneをコンピュータに接続する。そのまま、リカバリーモード画面が表示されるまでボタンを押し続ける。

3.iPhoneを復元する。

iPhoneをコンピュータに接続すると、iTunes上で「アップデートまたは復元を必要としているiPhone“(iPhone名)“に問題があります。」というウィンドウがポップアップする。この画面上で、「復元」を選択して、パスワードを使わずにiPhoneをリセットする。

4.iPhoneをセットアップする。

復元プロセスが完了するのを待つ。その後、iPhoneでガイドに従って、端末を再度セットアップか、バックアップデータから復元する。

itunesでiPhoneをリセット

iCloudを使う方法

端末で「iPhoneを探す」機能がオンの場合、icloud.comを通して端末をリセットして、データを消去することもできます。

1.icloud.comを開き、リセットしたい端末で使用していたApple IDとパスワードでサインインする。

2.ログインしたら「iPhoneを探す」欄を開く。

3.「すべてのデバイス」から工場出荷状態にリセットしたいiPhoneを選択する。

4.「iPhoneを消去」を選び、iPhoneをパスワードなしでリセットする。

iphone探す機能でiPhoneをリセット

おまけ:Apple IDとパスワードなしでiPhoneをリセットする方法

上記と似たトラブルで、Apple IDパスワード(またはiCloudパスワード)なしでiPhoneをリセットするにはどうしたらいいか、という問題に遭遇される方もいらっしゃると思います。ご使用のiPhoneでiCloudにサインインしたことがあるけど、Apple IDパスワードを忘れてしまった場合は、以下のステップでパスワードなしでも簡単に端末をリセットすることができます。

1.「設定」アプリを開く。

2.「一般」>「リセット」をタップ。

3.「すべてのコンテンツと設定を消去」を選択。

4.iPhoneの画面ロックパスワードを入力し、「iPhoneを消去」する。

設定でiPhoneをリセット

ちなみに、この方法は、iCloudにサインインしており、iPhoneを探す機能が無効である場合にのみ、機能する対処法になります。

まとめ

iPhoneをパスワードなしで工場出荷状態にリセットするには、いくつかの方法がありますが、注意しなければならないこともあります:

リセットした後に、端末を再使用したい場合、Apple IDとパスワードを覚えておかなければなりません。

また、今までにバックアップをしたことがない場合は、リセットするとともに端末データもすべて消去されてデータ修復できなくなってしまいます。

パスワードなしでもロックを解除する方法はありますが、パスワードを紛失しないことが1番です。パスワードを設定したら、どこかいつでもアクセス可能な場所にメモしておきましょう。そうすれば、iPhone/iPad/iPod Touchを消去してパスワードをリセットしたり、データ損失してしまうこともありません。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>