> How to Use > iPhoneロック解除 > iCloudパスワードなしでiPhoneをリセットする簡単な解決策

iCloudパスワードなしでiPhoneをリセットする簡単な解決策

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2022年10月19日に更新

概要:

本ガイドでは、主にiCloudのパスワードを知っていない人に対して、iPhoneを工場出荷時の設定に戻す方法をご紹介いたします。以下の解決方策を採用すれば、簡単にデバイスを元の状態に戻すことができます。

 

「中古のiPhoneを購入して、工場出荷時の設定に戻したいのですが、iCloudのパスワードの入力を要求されます。しかし、前の持ち主はiCloudのパスワードを覚えていません。iCloudパスワードなしでiPhoneをリセットする方法があれば教えてください。」

- Appleコミュニティからの質問

同じ問題が発生している場合、以下の解決策を試してみてください。解決策に進む前に、1つのことを確認する必要があります。Apple IDとiCloudアカウントは同じEメールIDに紐付いていますか?

ご存知ないかもしれませんが、Apple IDとiCloud IDは異なるアカウントです。 この2つの概念は、同じメールIDでアクセスできるため、混同されることが多いようです。 1つのメールIDを両方のアカウントで使用しているかどうかを知ることは、デバイスのリセット方法を正しく選択するために重要です。

両方のアカウントで同じメールIDを使用している場合、iCloudアカウントを削除するだけでは不十分で、デバイスのセットアップ時にApple IDを入力する必要もあるため、Apple IDを削除するためにいくつかの追加の手順が必要です。これは、人気のiPhoneロック解除ソフトEaseUS MobiUnlockで簡単に行うことができます。

iCloudアカウントに別のEメールIDを使用している場合は、iTunesでデバイスを工場出荷時の状態にリセットし、Apple IDを使用してデバイスをセットアップするだけでよい。

一番良いのは、前の持ち主と連絡をして工場出荷時のリセットを実行することです。 この場合、「設定」または「iCloud」のページから直接行うことができます。

では、いくつかの方法をご紹介いたします。

1.EaseUS MobiUnlockでiCloudパスワードなしでiPhoneを工場出荷の設定に戻す

先に述べたように、Apple IDとiCloud IDの両方に同じメールIDを使用している場合、両方を削除する必要があります。そうすれば、別のApple IDを使ってデバイスへのアクセスを取り戻すことができます。今のところ、AppleはパスワードなしでApple IDとiCloudの両方をオフにする実現可能なソリューションを提供していないため、いくつかのサードパーティのロック解除ツールを使用する必要があります。

もしあなたが迅速かつ安全なロック解除ツールを探しているなら、このiPhoneロック解除ソフト- EaseUS MobiUnlockはあなたのニーズに応えることができます。このプログラムを使えば、iPhoneを素早くリセットすることができます。

そのほかにも、EaseUS MobiUnlockは、以下のような機能があります。

ここでは、iCloudアカウントまたはApple IDを削除する手順を説明します。プロセスが完了すると、新しいApple IDでデバイスを設定することができます。

:これらの手順を進める前に、このコンピュータを信頼する必要があります。

ステップ1. パソコンでEaseUS MobiUnlockを起動し、iPhoneまたはiPadを接続します。このプログラムのホームページから「Apple IDのロック解除」を選択します。

Apple IDを削除する - ステップ1

ステップ2. お使いのデバイスが検出されたら、「開始」をクリックして次に進みます。続いて、ファームウェアをダウンロードする必要があります。ファームウェアの準備ができたら、「今すぐロックを解除」をクリックします。

Apple IDのロックを解除する - ステップ2

ステップ3. 必要な情報を入力するための警告画面が表示されます。必要な情報を入力し、「ロック解除」ボタンをクリックします。

Apple IDのロックを解除する - ステップ3

ステップ4. iCloud アカウントが削除されるのを待ちます。 その後、新しいiCloudアカウントでデバイスにサインインすることができます。

Apple IDのロックを解除する - ステップ4
 

2.iTunesでiCloudパスワードなしでiPhoneをリセットする

iPhoneの「iPhoneを探す」機能を無効にしている場合、iTunesを使ってiCloudのパスワードなしでiPhoneを工場出荷時の設定にリセットすることができます。しかし、工場出荷時のリセットが行われるとiPhoneのすべてのデータが失われるため、その前にiPhoneのバックアップをとっておくことをお勧めします。

ここでは、iTunesを使用してiPhoneを工場出荷時状態に戻す手順を説明します。

ステップ1.iTunesを開き、デバイスをUSBケーブルでコンピュータに接続します。

ステップ 2.デバイスが検出されたら、iTunesウィンドウの左上付近にあるiPhoneのアイコンをクリックします。

ステップ3.「概要」タブをクリックし、右側のパネルにある「iPhoneを復元」ボタンをクリックします。

ステップ 4.その後、復元処理を確認するポップアップが表示されます。「復元」をクリックして進めてください。

ステップ5.プロセスが完了するのを待ち、デバイスをリセットします。

iTunesからiPhoneを復元する

3.設定からiPhoneを工場出荷時の状態に戻す

iCloudアカウントの前の所有者が近くにいる場合は、次の手順でリセットを実行してもらうことができます。

ステップ1.iPhoneの「設定」>「一般」>「iPhoneを転送またはリセット」に進みます。

ステップ2.「すべてのコンテンツと設定を消去 」をタップします。

ステップ3.画面のパスコードまたはApple IDのパスワードの入力を求められる場合、iCloudアカウントの前の所有者に聞いてください。

設定からiPhoneを復元する

4.iCloudページ経由でiPhoneを初期化する

前の所有者が周りにいないと、リモートでiPhoneを工場出荷時の状態に戻すように依頼することができます。この場合「探す」機能を有効にしておく必要があります。

ステップ1.iCloud.comにアクセスし、Apple IDとパスワードでサインインします。

ステップ2.メニューにある「iPhoneを探す」アイコンをクリックします。

ステップ3.「すべてのデバイス」リストを展開し、iPhoneを選択します。

ステップ4.「iPhoneを消去」を選択します。

iCloudページからiPhoneを復元する

まとめ

このガイドは、iCloudパスワードなしでiPhoneを工場出荷時の設定にリセットするためのすべての可能な方法を紹介しました。iCloudとApple IDの両方のアカウントに同じメールIDを使用しているかどうかに基づいて、あなたの問題を解決できる正しい方法を選択することができます。

よくある質問

よくあるご質問を集めました。ぜひ、ご参考ください。

Q1.iCloudのパスワードがなくても、設定からiPhoneを工場出荷時の状態に戻すことができますか?

A1:いいえ、iCloudのパスワードを知らない限り、それはできません。もし「設定」からiPhoneをリセットできると主張するガイドを見たとしても、最後のステップで必ずiCloudパスワードの入力が求められます。

Q2.ファクトリーリセットでApple IDは削除されますか?

A2:いいえ。iTunes、iCloud、または設定経由でiPhoneを工場出荷時の状態にリセットしても、iPhoneに関連するデータと設定が削除されるだけです。しかし、Apple IDはまだデバイスに結びついたままです。Apple IDを削除したい場合は、EaseUS MobiUnlockが必要です。

Q3.iCloudのパスワードがなくても、盗まれたiPhoneを工場出荷時の状態に戻すことができますか?

A3:いいえ、できません。盗まれたiPhoneを工場出荷時の状態に戻すには、iCloudアカウントに紐づく「iPhoneを探す」機能を使う必要があります。つまり、iCloudのパスワードがないと工場出荷時リセットができないのです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>