> How to Use > iPhoneロック解除 > 2020|iPhoneパスワードのバイパス方法ーEaseUS

2020|iPhoneパスワードのバイパス方法ーEaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2020年12月22日に更新

概要:

iPhoneのパスワードを忘れてしまったら、この記事を読んで、iPhoneパスワードのバイパス方法を習得しましょう。この方法でもう一度、ロックされたiPhoneにアクセスできます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

この記事を読めば、iPhone 6, iPhone 7, iPhone 8やそれ以降のiPhoneモデルでのパスワードバイパス方法を習得できます。

もしiPhoneのパスワードを忘れてしまったら?

iPhoneのデータにアクセスできなくなったり、端末が全く動作しなくなってしまったら、大問題です。間違ったパスワードを何回も入力するとiPhoneが無効化され、時間が経たないとロック解除を再度試すことができません。

もし、iPhoneのパスワードを忘れてしまったら、iPhoneパスワードをバイパスすることで問題解決することができます。パスワードをバイパスして、ロックされた端末をもう一度使うにはどうしたらいいでしょうか?この対処法は、通常3種類の方法で行うことが可能です。

SiriやiTunesを使わずにパスワードをバイパス

iPhoneやiPad、iPod Touchを、iTunesやSiriを使わずにロック解除したい場合は、iOSロック解除ツールEaseUS MobiUnlockを活用します。このツールの“iPhoneを解除“機能を使って、画面ロックのパスワード、Touch ID、Face IDなどのあらゆるロックを解除可能です。

iTunesを使用する場合と同様に、端末で使用していたApple IDとパスワードは必要です。この方法を使ってロックを解除すると、データが全て消去されます。そのため、ロック解除予定のiOS端末内の写真、動画、音楽、連絡先、電子書籍等のすべてのアイテムをコンピュータに移しておくことをおすすめします。

SiriやiTunesを使用せずにiPhoneパスワードをバイパスしたい場合には、EaseUS MobiUnlockは非常におすすめのツールです。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

(EaseUS MobiUnlockの操作手順)

ステップ1.EaseUS MobiUnlockを起動し、iPhoneをコンピュータに接続、「スタート」をクリックする。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ1

ステップ2.接続された「端末のモデル」を確認し、「ファームウェアをダウンロード」をクリックし、端末の最新のファームウェアをダウンロードする。ファームウェアがダウンロードされたら、パッケージを選択する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ2

ステップ3.選択したファームウェアがダウンロードされたら、「フォームウェアを認証」をクリックして、プロセスを完了する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ3

ステップ4.認証が完了したら、「ロック解除」ボタンをクリックする。続いて開くウィンドウで、表示された情報を入力し、再度「ロック解除」ボタンをクリックして、iPhoneのパスワードを消去する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ4

ステップ5.処理が完了するのを待つ。iPhone端末がリセットされ、パスワードも消去される。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ5

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

iTunesを使ってパスワードを消去

iPhone7のパスワードをバイパスする、または、iOS11以降のiPhoneパスワードを消去するにはどうしたらいいでしょうか?このような問題を解決するには、iTunesを活用します。iTunesのを使ってリカバリーモードのiPhoneを復元する場合は、最新版のiTunesをiOS端末にインストールしておきます。復元すると、ロック画面のパスワードを含むすべてのデータが消去されます。

iTunesを使った復元で、端末上のすべてのアイテムが消去されるのは明らかなのですが、端末をいままでにバックアップしたことがある場合、バックアップから復元することも可能です。一方で、バックアップをしていない場合は、iPhone/iPad/iPodTouchの設定やパスワードを含め、すべてのコンテンツが消去されてしまいます。

また、iPhoneやiPad、iPodTouchのApple IDとパスワードを覚えていることが前提条件です。Apple IDパスワードをファームウェアのロック用として保管しておきます。iTunesを使ったこの方法では、画面ロックパスワードは消去されますが、ファームウェアは消去されません。つまり、端末を再設定するために、Apple IDパスワードを覚えておく必要があります。

以下の方法でiTunesを使ってiPhoneパスワードをバイパスします:

(操作手順)

1.iPhone/iPad/iPod Touchをリカバリーモードにする。

  • iPhone 8/8 Plus以降:

「電源ボタン」と「音量を上げる/下げるボタン」を電源オフスライダが表示するまで長押しする。スライダをドラッグして、iPhoneの電源を切る。「電源ボタン」を押しながら、端末をコンピュータに接続する。リカバリーモードの画面が表示されるまで、「電源ボタン」を押し続ける。

  • iPhone 7/ 7 Plus以降:

「電源ボタン」を電源オフスライダが表示されるまで長押しする。スライダをドラッグしてiPhoneの電源を切る。「音量を下げるボタン」を押しながら、端末をコンピュータに接続する。リカバリーモードの画面が表示されるまでそのまま長押しする。

 

2.iPhoneを復元する。

iPhoneをコンピュータに接続したら、iTunes画面で「アップデートまたは復元を必要としているiPhone“(iPhone名)”に問題があります。」というウィンドウがポップアップするので、「復元」を選択してiPhoneを消去する。(iTunesが自動で起動しなかった場合は、手動でクリックしてiTunesを開く。)

 

3.iPhoneをセットアップする。

復元プロセスが終了するのを待つ。その後、表示されるガイドに従ってiPhoneをセットアップし直す。

iTunesでiPhoneを復元する

Siriを使ってパスワードをバイパス(iOS 8.0 - iOS 10.1)

iPhone6のパスワードをバイパスしたい場合は、Siriを活用して解決することも可能です。Siriを使用してパスワードをバイパスするには、iOS8.0~10.1で機能するiPhoneハッキング法です。この方法では、Siriを使いセルラーデータ、新着メッセージ確認、リマインダーの設定等をオフにすることで、パスワードをバイパスします。

これは、間接的な方法で忘れてしまったパスワードをバイパスします。また、この方法は特にiPhoneのデータを消去したくない方向けの方法です。

以下の方法でiOS8.0~10.1端末のパスワードをバイパスします:

(操作手順)

1.「ホームボタン」を長押しして、Siriを起動する。

2.Siriに新しいリマインダーを作成するように指示する。

3.新しく設定したリマインダーをタップして、リマインダーアプリを起動する。

4.「ホームボタン」をタップして、ホーム画面に戻る。これで、ロック画面をバイパスできました。

siriでiPhoneのパスワードをバイパス

 

知っている方も多いと思いますが、この方法は、iOS端末のバグへの対処法として以外にも、iPhoneをハッキングするために使われることがありました。最近のiOSバージョンでは、このリスクが解消され、この方法を使ってパスワードをバイパス出来なくなっています。Siriを使ったパスワードのバイパスが可能なのは、iOS8.0~10.1搭載の端末のみです。

豆知識:なぜ端末からApple IDを消去できないのか?

Apple IDとパスワードを使用するのは、プライバシーを保護するためも最も強力な方法だと考えられています。iOS端末のデータセキュリティを守るために、Appleは、第三者がApple IDとパスワードを消去して、端末をハッキングができないようにしてあります。パスワードバイパス用のほとんどのツールで、Apple IDをバイパスすることは不可能です。いくつかのツールでApple IDのバイパスを行うことができる場合、iPhoneがハッキングされる可能性があるバグを持っている以前のバージョンに、端末をダウングレードする可能性があります。このようなiPhoneハッキングの可能性があるツールは一切オススメしません。

まとめ

いずれの原因でパスワードを紛失して、端末内のコンテンツにアクセスできなくなっても、パスワードをバイパスするか、消去すれば、問題は解決できます。今回は、iPhoneパスワードのロックを解除するための3つ方法を紹介しました。これらの方法を使えば、忘れてしまったiPhoneパスワードを消去したり、バイパスしたりして、ロックを解除、端末に再度アクセスできるようになります。

Siriを使って問題を解決したい場合には、iOSバージョンが条件にあっているか確認してください。iTunesを使用する方法であれば、端末をコンピュータに接続する前にiOS端末をリカバリーモードにします。iTunesやSiriを使用することもできますし、面倒な操作を避けたい場合は、EaseUS MobiUnlockを活用して、素早く簡単な操作のみで解除できないiPhoneパスワード問題を解決することもできます。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

ヒント:御覧の通り、iPhone/iPad/iPod Touchのパスワードを忘れてしまうと、バイパスして問題解決可能ですが、データ損失の恐れがあり、リスクも伴います。パスワードをよく忘れる場合は、iOS端末以外の場所にメモをして、保管しておきましょう。また、定期的に端末データのバックアップを行うのも有効です。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>