> How to Use > iPhoneロック解除 > 3選|ロックされたiPhoneを工場出荷状態にリセットする方法ーEaseUS

3選|ロックされたiPhoneを工場出荷状態にリセットする方法ーEaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2021年01月06日に更新

概要:

パスワードを忘れてロックされたiPhoneを工場出荷状態にリセットし、パスワードを削除・端末をもう一度使用したい場合に、この記事が参考になります。本記事で紹介する3つの解決方法を活用して、トラブルをすぐに解決しましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

「ロックされたiPhoneを工場出荷状態にリセットするには、どうしたらいい?」

忘れてしまったiPhoneパスワードを思い出すのは至難の業です。このような場合は、ロックされたiPhoneをリセットすることで、パスワードを消去して再度端末を使用可能にすることができます。

しかし、iPhoneパスワードを忘れた時に、どうやってiPhoneをリセットしたらいいでしょうか?通常、iTunesを使用する方法が公式のロック解除方法ですが、他にもいくつかのiPhoneロック解除方法があります。今回は、iOSロック解除ツールとiCloudを使うそれぞれの方法を紹介します。iTunesを使用/不使用でロックされたiPhoneを工場出荷状態にリセットするための操作ガイドを記載していきます。

ロックされたiPhoneをリセットする前に知っておくべき事

ロックされたiPhoneをリセットするのは、実際難しくありませんが、ロック画面のパスワードを消去すると同時にほとんど全てのデータや設定も消去されるため、データ損失のリスクが伴います。一度消去されたデータを復元するのは、かなり難しいです。

また、iOS端末を再度使用したい場合は、リセット予定の端末で使用しているApple IDとパスワードを覚えておく必要があります。端末リセット前に、Apple IDとパスワードを確実に保管しておきましょう。

3選|ロックされたiPhoneを工場出荷状態にリセットする方法

iPhoneデータを消去することに問題が無い場合、以下の方法で端末を工場出荷状態にリセットすることができます。

iTunesを使用なしでロックされたiPhoneをリセットする方法

パスワードを忘れた場合の、最も直感的で操作が簡単なiPhoneロック解除方法は、iPhoneロック解除ツールEaseUS MobiUnlockを使用するものです。EaseUS MobiUnlockを使用し、ロックされたiPhoneも、iTunesを使用したり、リカバリーモードにしたりせずに、解除可能です。

iPhone 7, iPhone 8, iPhone XRなど、いずれの端末を使用していても、このソフトを使用して工場出荷状態にリセット可能です。

iTunesを使用せずに、ロックされたiPhoneをリセットするにはこのロック解除ツールが必要です。それでは、下記のダウンロードボタンからダウンロードしてみましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS MobiUnlockの操作手順

ステップ1.EaseUS MobiUnlockを起動し、iPhoneをコンピュータに接続、「スタート」をクリックする。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ1

ステップ2.接続された「端末のモデル」を確認し、「ファームウェアをダウンロード」をクリックし、端末の最新のファームウェアをダウンロードする。ファームウェアがダウンロードされたら、パッケージを選択する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ2

ステップ3.選択したファームウェアがダウンロードされたら、「フォームウェアを認証」をクリックして、プロセスを完了する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ3

ステップ4.認証が完了したら、「ロック解除」ボタンをクリックする。続いて開くウィンドウで、表示された情報を入力し、再度「ロック解除」ボタンをクリックすることで、iPhoneの初期化プロセスが始まります。(パスワードによってiPhoneをロックされていても、初期化も行えます。)

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ4

ステップ5.処理が完了するのを待つ。iPhone端末が初期化され、パスワードも消去されます。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ5

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

iTunesを使用してロックされたiPhoneを消去する方法

他のソフトを使用したくない場合は、iTunesを使用してiPhoneを消去してパスワードロックを解除することができます。iTunesを使用して、ロックされたiPhoneを解除するには、端末をリカバリーモードにしなければなりません。端末をリカバリーモードにする方法は、端末モデルによって異なるので、以下で詳しく解説します。

(操作手順)

1.iPhoneはまだコンピュータに接続せずに、iPhone端末の電源を切る。

2.iPhoneをリカバリーモードにする。

  • iPhone 8/8 Plus以降:サイドボタンを押しながら、iPhoneをコンピュータに接続する。リカバリーモード画面が表示されるまで、サイドボタンを押し続ける。
  • iPhone 7/7 Plus:音量を下げるボタンを押しながら、iOS端末をコンピュータに接続する。そのまま、リカバリーモード画面が表示されるまでボタンを押し続ける。
  • iPhone 6s以前:iPhoneのホームボタンを押しながら、iOSデバイスをコンピュータに接続する。上記と同様に、リカバリーモード画面が表示されるまでホームボタンを押し続ける。

3.iTunesが自動で起動するのを待ち、ポップアップするウィンドウで「復元」を選択して、iPhoneを消去する。

4.iPhoneを再度設定する。

itunesでiPhoneを工場出荷状態にする

iPhoneをバックアップしたことがある場合は、設定時にiTunesやiCloudのバックアップから復元可能です。

iCloudを使用してロックされたiPhoneを消去する方法

ロックされたiPhoneでiPhoneを探す機能が有効である場合は、iCloudを使用した工場出荷状態へのリセット方法も使用可能です。

パスワードなしでiPhoneのロックを解除するには:

(操作手順)

1.コンピュータでicloud.comを開き、ロックされた端末で使用していたApple IDとパスワードでサインインする。

2.「iPhoneを探す」欄を開く。

3.「すべてのデバイス」からロックされたiPhoneを選択する。

4.「iPhoneを消去」を選び、iTunesなしでロックされたiPhoneを工場出荷状態にリセットする。

icloudのiPhoneの消去機能で工場出荷状態にする

まとめ

ロックされたiPhoneをリセットすることで端末データが消去されてしまうのは、避けられないことで、データ復元を試しても、それらのデータが戻ってくる可能性は低いです。そのため、iPhone・iPad・Android端末を工場出荷状態にリセットするのは、トラブル解決のための最終手段として使用することをおすすめします。

iPhoneをリセットしなければならない状況になってしまってやっと、データを普段からバックアップするのがどれほど重要か実感すると思います。バックアップをとっていれば、工場出荷状態にリセットした後でも、データを復元することが可能です。バックアップが全くないと、データ損失は避けられません。定期的にデータのバックアップをするように心がけましょう。

この記事が少しでも役に立てば幸いです。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>