> How to Use > iPhoneロック解除 > iPhoneのパスワードを忘れた?解決方法ガイド―EaseUS

iPhoneのパスワードを忘れた?解決方法ガイド―EaseUS

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneロック解除 | 2021年01月06日に更新

概要:

iPhoneパスワード、ロック画面のパスワード、AppleID パスワードを忘れてしまった場合、このガイドで紹介する方法を参考にして、それらをリセットしましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼
 

この記事を読むと、iPhoneパスワード(画面ロックパスワード・Apple IDパスワード)を忘れてしまった場合の対処法を知ることができます。

iPhoneのパスワードを忘れてしまった?

「iPhoneのパスワードを忘れてしまって、iPhoneが使用できなくなってしまいました。iPhoneのパスワードをリセットするにはどうしたらいいですか?」

iPhoneロック画面のパスワードを忘れてしまい、iPhoneデータにアクセスできなくなるトラブルは、よく起こるトラブルのうちの1つです。または、Apple IDパスワードを忘れてしまい、iOS端末を思うとおりに使用できなくなるといったトラブルも遭遇しやすいです。このような状況に陥ってしまったら、iPhoneを開けず、データにもアクセスできなかったり、いくつかの機能しか使用できなくなり、非常に困ります。そこで、今回は、iPhone/iPad/iPod Touchのパスワードを忘れてしまった場合の対処法について紹介します。

iPhoneロック画面のパスワードを忘れた?

iPhoneを使うとき、まず行うのが、英数字パスワード、Touch ID、Face IDなどを使用して画面ロックを解除する操作です。Touch IDやFace IDをしようしていても、大抵の場合は、セキュリティ対策として数日に一回はパスワードを入力する必要があります。

しかし、パスワードを忘れてしまったらどうしたらいいでしょうか?例えば、端末をひさしぶりに使用する場合や、突然記憶を失ってしまった(実際に私の大学の同期に起こりました)場合などに、パスワードが分からなくなってしまうこともあります。パスワードを忘れ、心当たりのあるパスワードを何度も試していると、パスワードを誤入力しすぎてiPhone/iPad/iPod Touch等のiOS端末が使用できなくなります。端末が無効化され、使用できなくなると、一定時間後にしか、パスワードを再入力することができません。間違ったパスワードを入力すればするほど、再挑戦までの時間が長くなります。

どうしてもパスワードを思い出せない場合は、最終手段であるiPhoneの消去を行ってトラブルを解決可能です。iPhoneを消去すると、パスワードを消去できるので、その後、パスワードを再設定して端末を再度使用可能です。

ここでの問題点は、iPhoneを消去すると、パスワードだけでなく、端末のデータや設定をすべて消去するので、工場出荷状態にリセットするのと同じ状態になります。つまり、今までに端末をバックアップしたことがない場合、データや設定に関する情報をすべて損失してしまうことになります。それでもiPhoneリセットを行う必要のある際は、以下の3種類の方法が使用可能です。

方法1:iTunesでパスワードを消去する

お持ちのパソコンやMacに最新版のiTunesをインストールして、以下の操作手順を参考に、iPhoneをリカバリーモードに設定してから、パスワードを消去してみてください。

1.iPhoneをリカバリーモードにする。

  • iPhone 8/8 Plus以降:電源ボタンと音量調節ボタンを押して、電源オフスライダを表示し、スライダをドラッグして、iPhoneの電源を切る。電源ボタンを押しながら、iPhoneをコンピュータに接続する。リカバリーモード画面が表示されるまで、電源ボタンを押し続ける。
  • iPhone 7/7 Plus:電源ボタンを押して、電源オフスライダを表示し、スライダをドラッグして、iPhoneの電源を切る。音量を下げるボタンを押しながら、iPhoneをコンピュータに接続する。そのまま、リカバリーモード画面が表示されるまでボタンを押し続ける。

2.iPhoneを復元する。

iPhoneをコンピュータに接続すると、iTunes上で「アップデートまたは復元を必要としているiPhone“(iPhone名)“に問題があります。」というウィンドウがポップアップする。この画面上で、「復元」を選択して、iPhoneをリセットする。

3.iPhoneをセットアップする。

iPhone画面のガイドに従って、端末を再度セットアップする。

itunesでiPhoneを復元する

端末をバックアップしたことがある場合は、iPhoneデータをiTunesやiCloudから復元することが可能です。バックアップしたことがない場合は、コンピュータからiPhone/iPadにファイルを移行したり、他のiOS端末からiPhone/iPadにファイルをコピーしたりできます。

方法2:iPhoneを探す機能でiPhoneを消去する

端末上でiPhoneを探す機能がオンになっている場合は、iCloudを使って端末を消去することが可能です。

1.icloud.comを開き、Apple IDとパスワードでサインインする。

2.表示されるオプションから「iPhoneを探す」欄を開く。

3.「すべてのデバイス」からパスワードを消去したいiPhoneを選択する。

4.「iPhoneを消去」を選択する。その後、端末を再設定して、新しいパスワードを設定する。

iCloudのサイトでiPhoneを消去

方法3:EaseUS MobiUnlockでパスワードを消去する

3つ目の方法は、iPhone専門ロック解除ツール―EaseUS MobiUnlockを使ってiPhoneパスワードを消去します。このツールは、パスワードを紛失した場合に、iPhoneロックを解除するのを手助けしてくれる非常に便利なソフトです。

今回のようなトラブルに遭遇した場合に、データ損失なしでパスワードをリセットする唯一の手段は、iPhoneパスワードを忘れる前にiPhone端末をバックアップしていた場合のみです。紹介してきた3種類の対処法をみると、すべての方法でiPhone/iPad/iPod Touchからパスワードを消去するとともにその他のすべてのデータも消去されてしまいます。そのため、どこかにパスワードをメモした記憶がある場合や、思い当たるパスワードがある場合は、これらのパスワード消去法をすぐに試さないことをおすすめします。これらの対処法は、パスワードを思い出せない場合の最終手段として使用してください。

iPhoneのパスワードを消去するには、下記のiOS端末ロック解除ツールを無料で取得しましょう。

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

EaseUS MobiUnlockの操作手順

ステップ1.EaseUS MobiUnlockを起動し、iPhoneをコンピュータに接続、「スタート」をクリックする。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ1

ステップ2.接続された「端末のモデル」を確認し、「ファームウェアをダウンロード」をクリックし、端末の最新のファームウェアをダウンロードする。ファームウェアがダウンロードされたら、パッケージを選択する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ2

ステップ3.選択したファームウェアがダウンロードされたら、「フォームウェアを認証」をクリックして、プロセスを完了する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ3

ステップ4.認証が完了したら、「ロック解除」ボタンをクリックする。続いて開くウィンドウで、表示された情報を入力し、再度「ロック解除」ボタンをクリックして、iPhoneのパスワードを消去する。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ4

ステップ5.処理が完了するのを待つ。iPhone端末がリセットされ、パスワードも消去される。

mobiunlockでiPhoneのロックを解除するステップ5

今すぐダウンロード
トロフィーのアイコン 6,000万利用者がご信頼

Apple IDパスワードを忘れた?

実は、Apple IDパスワードを忘れてしまったトラブルを解決するのは、上記のトラブルより簡単で、パスワードをリセットする方法がいくつかあります。iPhoneで使用しているセキュリティタイプによって、異なるパスワードリセット方法を利用する必要があります。

方法1:2ファクタ認証でパスワードをリセット

iCloudにサインインしている場合:

1.iOS端末で「設定」アプリを開く。

2.「(ユーザー名)」をタップ>「パスワードとセキュリティ」>「パスワードの変更

設定でapple idのパスワードを変更

3.画面に表示されるガイドに従って、パスワードの変更を行う。

iCloudにサインインしていない場合:

1.「設定」アプリを開く>「(端末)にサインイン」>「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?

2.画面に表示されるガイドに従って、パスワードの変更を行う。

方法2:セキュリティ質問かメールでパスワードをリセット

1.applied.apple.comを開き、「Apple IDまたはパスワードをお忘れですか?」をクリックする。

2.Apple IDを入力してパスワードをリセットする方法を選択する。

3.セキュリティ質問の答えを覚えている場合は、「セキュリティ質問に答える」を選択する。

4.メールアドレスを設定している場合は、「メールを受け取る」を選択する。

セキュリティメールでパスワードをリセット

方法3:2ステップ確認でパスワードをリセット

1.applied.apple.com を開き、「Apple ID またはパスワードをお忘れですか?」をクリックする。

2.Apple ID を入力し、パスワードをリセットするオプションを選択して、「続ける」を選択。

3.2 ステップ確認の復旧キーを入力する。

4.信頼済みのデバイスを選択する。

5.上記と同様のデバイスで確認コードを入力する。

6.新しいパスワードを作成する。

復旧キーでパスワードをリセット

まとめ

iPhoneのパスワードを忘れると色々と面倒です。さらに、パスワードをリセットする際にデータロス等の他のトラブルが起きることもあり、非常に厄介です。そのため、iPhone/iPad/iPod Touchやその他のアカウント用に設定したパスワードを覚えておくことは非常に重要です。覚えておくのにも限界があるので、記憶力よりもメモを取る方が有効です。iPhoneやその他の重要な端末やアカウントのパスワードは、いつでも確認できる場所にメモをして保管しておきましょう。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>