> How to Use > iPhoneデータ復旧 > 「IOS11アップデート」更新エラー、トラブルと対策

「IOS11アップデート」更新エラー、トラブルと対策

2017年09月04日に発表

筆者: Tioka

iPhoneデータ復旧
概要:
IOS11がリリースした後、国内から海外まで、更新エラーとトラブルが多く報告されました。あなたもIOS11へアップデートするのが失敗しました?この記事では、全世界のユーザから多く報告されたトップのIOS11のアップデート問題と対策をまとめて皆さんにご紹介します。

今のところ、iOS11のベータ版は既にリリースされましたので、全ユーザ向け開放し、正式版の発表も目途が立つと言えるでしょう。ただし、去年IOS10のように、全てのユーザも順調に更新できるのではありません。ここでは、全世界のユーザから多く報告されたトップのIOS11のアップデート問題と対策を見ることができ、アップデートに何か不具合が発生する時、是非この記事を参照して解決を試してみてください。

エラー1.ソフトウェアをアップデートできませんでした

もしこの問題に遭遇したら、以下の解決方法を参照してください。
スマホ新米:数時間か経ってから、もう一度ダウンロードすることで、この更新失敗を避けられるかもしれません。
上級ユーザ:ipswファイルでIOS11へアップグレードします。

アップデートできないエラーです。

最も効果のある方法:ITUNESでアップデート

1.パソコンでITUNESを開きます。
2.USBでiPhoneをパソコンに接続します。
3.MacでAlt/Optionボタン押しながら、復元ボタンをクリックします。
 Windowsでshiftキーを押しながら、復元ボタンをクリックします。
4.プロセスが終わるまでしばらく待って、黙認な設定と端末に保存しているデータが上書きされます。

エラー2.ios11が「アップデートを検証中」でフリーズ

検証中でフリーズするエラー

成功にios11ダウンロードしたが、「アップデートを検証中」でフリーズしてインストールできない場合、以下の方法が役に立つかもしれません。

  • 1.パワーボタンを5回以上も押し続けます。
  • 2.スクリーンが一旦オフしてアップルのロゴが再度現れるまでホームボタンとパワーボタンを同時に押し続けます。
  • 3.iTunesを使って最新のios11へのアップデートを試してみてください。

問題3.ios11アップデートが「スライドでアップグレード」でフリーズ

Ios11への更新失敗によって、スマホの画面が以下の「スライドでアップグレード」でフリーズすることもよく発生します。この場合、iTunesでiPhone/iPadを復旧することを薦めします。

スライドでアップグレードでフリーズする問題

1.iTunesを最新バージョンにアップデートし、iPhone/iPadをパソコンに接続します。

  • 2.iTunesのデバイスボタンを押します。
  • 3.バックアップから復元で、バックアップファイルを選択した上で、「復元」をクリックします。
  • 4.以上の操作が終わったら、もう一度ios11へのアップデートを試してみてください。

注意:ファイルのバックアップがない場合、更新失敗問題はデータ紛失の原因になります。念の為に、一個のios向けの高機能データ復旧ソフト-EaseUS MobiSaverを皆さんにお薦めします。

1.iPhoneをパソコンに接続します。
2.ソフトの画面でスキャンをクリックします。
3.復元したいファイルを選択し、「復元」をクリックします。

EaseUS MobiSaverで紛失したデータを復元する。

問題4.アップルロゴもしくはリカバリーモードでフリーズ

  • 1.iTunesを開き、iPhoneをパソコンに接続します。
  • 2.同時にパワーボタンホームボタンを押し続けます。
  • 3.端末の画面が黒くなってからパワーボタン外します
  • 4.パソコンで以下の画像のように「リカバリーモードのiPhoneを見つけました」というポップアップが出てくるまでホームボタン押し続けます
  • 5.OKをクリックして復元プロセスを開始します。

リカバリーモードのiPhoneを見つけましたというポップアップ