> How to Use > iPhoneデータ移行 > 対処法:iOS11でスクリーンショットができない

対処法:iOS11でスクリーンショットができない

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2021年02月25日に更新

概要:

iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xで何らかの原因によってスクリーンショットに失敗しましたか。この記事を読んで、紹介されている対処法を参照して、スクリーンショットができないことを解決しましょう。

 

確かに、iOS11へ更新した後、airdropができないなど予想できないエラーがいっぱい発生する可能性があります。例えば、ホームボタンとパワーボタンを同時に押すことでスクリーンショットはできなくなりました。それでは、そんな場合、どうすればいいのでしょうか。次は、iOS11へ更新した後、スクリーンショットができなくなる方に、その対処法を紹介します。


対処法:iOS11が搭載されているiPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xでスクリーンショットができない

ソリューション1.AssistiveTouchでiPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xをスクリーンショット

ホームボタンとパワーボタンを同時に押すことでスクリーンショットをするのは、iPhoneユーザが最も使われているスクリーンショットのやり方なのですが、もしそのやり方が効果が果たしてくれない場合、どうすればいいのでしょうか。実はAssistiveTouchでスクリーンショットもできますよ。次は、その設定の方法を紹介します。

1.iPhoneで設定 > 一般 > アクセシビリティの順にタップしてください。
2.AssistiveTouchを選択してください。
3.「最上位メニューをカスタマイズ」をタップして、「」マークをタップしてスクリーンショットを追加します。

assistivetouchでスクリーンショットのボタンを追加

以上の設定したら、AssistiveTouchでスクリーンショットができるようになりました。

ソリューション2.AssistiveTouchボタンを押し込む(3D Touch)ことでスクリーンショット

1.iPhoneで設定 > 一般 > アクセシビリティの順にタップしてください。
2.AssistiveTouchを選択してください。
3.カスタムアクションでの「3D Touch」のところをタップして、スクリーンショットを選択します。

assistivetouchで3d touchを使うことでスクリーンショットする

 

そして、任意画面でAssistiveTouchボタンを押し込むことでスクリーンショットできますよ。

ソリューション3.iPhone 8/iPhone 8 Plus/iPhone Xを強制再起動

スクリーンショットが何か不具合がある場合、強制的に再起動すれば問題を解決できるかもしれません。強制再起動のやり方がわからない方は、以下の操作手順を参照してみてください。

1.「音量を上げる」ボタンを押し、すぐに放す。
2.「音量を下げる」ボタンを押し、すぐに放す。
3.Appleロゴが表示されるまで、パワーボタンを押し続ける

 

完全無料iPhoneデータ移行ソフトでiPhoneからデータを抽出若しくは、iPhoneにデータを書き込みする必要がありますか。需要がある方は、ぜひ MobiMover Freeを逃しないでください。このソフトは、写真、動画、音声、連絡先、通話履歴などすべてのiPhoneのデータをiPad/PC/他のiPhoneまで簡単に転送することができます。それだけではなく、添削、編集などiPhoneのデータを管理することもできますよ。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>