> How to Use > iPhoneデータ移行 > 対処法:iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xでポートレート撮影が動作しない

対処法:iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xでポートレート撮影が動作しない

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2020年10月20日に更新

概要:

デュアルカメラが搭載されているiPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xでポートレートモードが正確に動作しない?ご心配なく、この記事では最も役に立つ対処法を皆さんにご紹介しますので、必ずこの記事を参照してこの問題を解消してください。

 

ポートレートモードとは

ポートレートモードは、デュアルカメラのあるiPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xだけで搭載されている、被写界深度エフェクトで、背景をきれいにぼかしつつ、被写体を際立たせた写真を撮影できる機能です。iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xを使っていてもポートレートモードがない、若しくは使えない場合、どうすればいいのでしょうか。この記事を読み続けてください。

iPhone 7 Plusでポートレートがない

私が知る限り、周りの友人はアップグレードしない派がたくさんいるようです。アップグレードすると、端末の動作が遅くなりつつあると強く主張して、決してアップグレードしない人も少なくありません。ただし、iOS11へバージョンアップしないと、ポートレートを使うことができません。なぜなら、元々ポートレートモードはiOS11がリリースされるとともに新たに追加されていた機能だからです。

それゆえ、ポートレートモードを使うには、まずiOS11へアップグレードしておきましょう。

対処法:iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xでポートレート撮影が動作しない

対処法1.光が弱い環境でのご利用を避ける

多くのユーザが「光が弱い環境でポートレートモードが使えない」と文句を言っているようですが、画像の質を確保するため、光が弱い環境でポートレート機能が正確に動作できないことを忘れないようにしてください。それに、端末から被写体まで一定な距離(2-3メートル)を置いて撮影する必要があります。

対処法2.最新のiOSバージョンへ更新

iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus、iPhone Xでポートレート撮影が正確に動作しない場合、最も簡単且つ効果のある方法は、最新なiOSバージョンは更新するのです。アップグレードすることによって、全ての配置ファイルが一新されますので、ポートレートモードが使えないエラーも解決されますでしょう。

設定 一般 ソフトウエア・アップデート で簡単にアップグレードすることが可能です。

対処法3.iPhone X/8 Plus/7 Plusを強制再起動

ポートレートモードが使えない場合、端末を強制再起動するのは役に立つかもしれません。

For iPhone X/iPhone 8 Plus:
1.音量アップボタンを押してすぐ離す。
2.音量ダウンボタンを押してすぐ離す。
3.サイドボタン(パワーボタン)を10秒くらい押し続ける。

For iPhone 7 Plus: 
サイドボタン/パワーボタン及び音量ダウンボタンをロゴが表すまで同時に長く押し続ける。

対処法4.すべての設定をリセット

上記の対処法が全部役に立たなかった場合、ポートレートモードが使えない原因は、何か設定の間違いによるものかもしれません。データ損失が生じませんので、とりあえず端末のすべての設定をリセットしてみましょう。

設定一般リセットすべての設定をリセット

以上の項目を順番にタップすれば、端末の設定を丸ごととデフォルトに戻すことは可能です。

対処法5.アップル社のサポートセンターへお問い合わせ

端末のすべての設定をリセットしていても、ポートレートが使えない場合、ハードウェアの不具合によるものかと思えます。近くのアップル店舗に持ち込み相談をするか、コールセンターまで相談してください。スタッフの指示に従って、ハードウェア故障でも修理してくれます。(注:ハードウェア故障の場合、保険対象外となりますと、一定の修理料金が発生します。)

後記

ここで、iPhoneユーザーに、完全無料なiPhoneデータ移行ソフトを皆さんにおススメします。MobiMoverというソフトを使うことで、数クリックだけで、簡単にiPhoneのデータをパソコン若しくはほかのiOS端末まで移行することができます。iPhoneユーザーにとっては本当に役に立つソフトなのです。

iPhoneデータ移行ソフトのインタフェース

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>