> How to Use > iPhoneデータ移行 > iOS 11でiMessageが使えない対策

iOS 11でiMessageが使えない対策

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2020年10月20日に更新

概要:

iOS 11でiMessageが急に使えなくなりましたでしょうか。この記事が8つの対処法を皆さんにご紹介しますので、そんなときに必ずこれらの対処法に従って解決してみましょう。

 

「手持ちのiPhone 6sをiOS11へ更新しましたが、iMessageが使えなくなりました。設定が正確ではないかと思っていましたので、もう一度iMessageがアクレイドされているかどうかを確認した結果、設定がなんも間違っていなかったようです。iOS11へ更新した後、iMessageが使えなくなってしまったのは何故でしょうか。どうすれば解決できますか。」

iOS 11でiMessageが使えない問題は、フラッシュライトが使えない、またはairdropが使えない問題のように、iOS11へ更新した後によく発生している問題なのです。iOS 11でiMessageが使えない問題の原因を究明すると、不安定な接続や間違っているiMessageの設定などもその原因になりうると思いますので、下記のトラブルシューティングを参照して問題を解決しましょう。

対処法:iOS 11でiMessageが使えない対策

対処法1.ネットワークの接続を確保

iMessageが機能してくれるには、安定なネットワーク接続が前提です。ですので、iPhone/iPadがモバイルデータまたはWi-Fiに接続していることを確保してください。

対処法2.ネットワーク設定をリセット

モバイルデータまたはWi-Fiに接続してもiMessageが使えない問題を解決できない場合、ネットワークの設定を初期化にもどしてください。
設定一般 リセットネットワークの設定をリセット
この操作は、端末に保存しているデータに損壊を出していませんので、ご安心ください。

対処法3.iMessageの設定が正確であることを確保

ご存知のように、iMessage機能をスイッチオンしていない場合、使えません。ですので、下記の操作でiMessageをオンにしてください。
設定メッセージ に入ってiMessageをオンにすることが可能です。この画面で送受信のところで表示される電話番号若しくはアカウントが正しいことをも確保してください。

iMessageの設定

対処法4.メッセージアプリを再起動

iPhoneのメッセージアプリがフリーズすると、iMessageが機能できなくなります。だから、メッセージアプリを一旦閉じて再起動すれば役に立つかもしれません。ホームボタンを二回連続押して、メッセージアプリの画面を上にスワイプすることで、メッセージアプリを完全に閉じることができます。

対処法5.いくつかのメッセージを削除

メッセージが数が多すぎますと、メッセージの読み込みプロセスがiPhoneのスペースを多く占めることは言うまでもありません。それゆえ、メッセージアプリの動作が著しく遅くなり、iMessageが使えない原因にもなるかもしれません。この問題を解決するため、メッセージをいくつか削除したほうが効率です。もし、大事なメッセージばっかりな場合、削除するのはちょっと厳しいと思うなら、ここで完全無料なiPhoneデータ移行ソフトでメッセージをパソコンに移行して保存することもできますよ。

対処法6.最新のiOSバージョンにアップデート

iOS11が公開された後、色々なバグが報告されたようですので、iMessageが使えないのはバグの影響が及ぼしたかもしれません。アップル社がそれからのバージョンアップでそれらのバグを修正し他かもしれませんので、以上の対処法が効果がない場合、まず最新のiOSバージョンに更新してください。

対処法7.時間帯を自動設定にする

設定一般日付と時刻自動設定をオンにしてください。

対処法8.iPhone/iPadを復元

以上の対処法が全部役に立てない場合、iPhoneを復元するのは最後の選択かもしれません。下記の操作でiPhoneを復元することが可能です。

設定一般リセットすべてのコンテンツと設定を消去 をタップしていいです。

注:この操作は、iPhone上のすべてのデータを消去することになりますので、事前にiPhoneデータ移行ソフトを使って大事なデータをパソコンに移動して下さい。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>