> How to Use > iPhoneデータ移行 > iPhone 8/iPhone Xで位置情報サービスをオフにする方法

iPhone 8/iPhone Xで位置情報サービスをオフにする方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2021年02月25日に更新

概要:

この記事では、iOS11が搭載されているiPhone 8/iPhone Xで位置情報サービスをアプリ別で無効にする方法と位置情報を完全に無効にする方法を皆さんにご紹介します。

 

iPhoneで位置情報サービスがオンにされていると、アプリ/ウェブサイトが制限なくあなたの端末の位置情報を獲得することができます。ですので、さらに自分のプライバシーを保護するため、位置情報サービスをオフにする必要があるかもしれませんので、この記事ではそのやり方を具体的に皆さんに紹介していこうと思います。

お見逃しなく対処法:iOS 11のiPhone/iPadで位置情報サービスが動作しない

iPhone 8/iPhone Xで位置情報サービスをオフにする方法

以下はアプリ別で位置情報サービスを無効にする方法や、位置情報サービスを完全に無効にする方法をも一緒に皆さんに紹介します。

ヒント1.アプリ別で位置情報サービスを無効にする方法

信頼性の高いアプリにのみ位置情報の利用を許可したい場合、アプリ別で位置情報サービスを無効にする必要があります。

ステップ1. iPhone 8/8 Plus/Xで設定アプリに入ってください。
ステップ2. 画面を下にスワイプして設定メニューでプライバシーを選択してください。
ステップ3. 位置情報サービスをタップして、全てiPhoneにインストールされているアプリが表示されます。
ステップ4. 位置情報サービスを無効にしたいアプリを選択し、「このAppの使用中のみ許可」をタップすれば、アプリが実行されないと位置情報を獲得することができないようになります。「許可しない」と設定すると、アプリが実行される、されないを問わず、一切あなたの位置情報を獲得できません。

ヒント2. 位置情報サービスを完全に無効にする方法

位置情報の利用権をすべてのアプリに与えたくない場合、位置情報サービスを完全に無効にしてください。具体的な方法を以下のチュートリアルをご参照!

iPhoneで 設定 > プライバシー > 位置情報サービス > 位置情報サービスの右側にあるボタンをタップしてオフにすることができます。

注:位置情報サービスを無効にすると、確認のダイアログが表示されます。その時、「オフにする」をタップして位置情報サービスを無効にしてください。

位置情報サービスの設定画面

おススメ:iPhoneのユーザにとっては、完全無料なiPhoneデータ移行ソフトが必要となるのでしょう。 EaseUS MobiMover Freeは、iPhoneデータ移行ソフトで1クリックだけでコンピュータからiPhoneへ写真を転送することができます。また、PC/他の端末からデータをiPhoneに書き込むことも可能です。着信音をiPhoneに追加し、iPhoneのデータを管理するなど多彩な機能を備えていますので、是非無料でご利用ください。

ソフトのインタフェース

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>