> How to Use > iPhoneデータ移行 > 対処法:iOS11でタッチスクリーンが無効になってしまう

対処法:iOS11でタッチスクリーンが無効になってしまう

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2021年02月25日に更新

概要:

iPhone/iPadが最新のiOS11へ更新した後、タッチスクリーンが反応しなくなってしまったのか。この記事はこの問題の解決策を皆さんにご紹介します。

 

最新のiOS11へ更新した後、「タッチスクリーンが反応しなく、携帯で何もできなくなった」と文句を言っているユーザがたくさんいるようです。それでは、どうやってこの問題を解決できますか。ここでiOS11でスクリーンが無効になっている方にはその対処法を紹介します。

タッチスクリーンが反応しない

6つのヒントでiOS11タッチスクリーン反応なし問題を解決

ヒント1.iPhone/iPadのスクリーン及びお手が乾いた状態を維持

スクリーン若しくはお手が濡れると、スクリーンが完全にタッチを感じられませんので、スキャンが無効になる原因にもなるかもしれません。だから、まず、乾いた状態で操作をしてはいかがでしょうか。

ヒント2.iOSデバイスを再起動/強制再起動

タッチスクリーンが反応しない時、iOSデバイスを再起動するのはこの問題を解決できるかもしれません。タッチスクリーンが反応しないので、再起動できない場合、強制再起動をしてください(画面が暗くなるまでホームボタンと電源ボタンを同時に押し続ける)。

ヒント3.iPhone/iPadのスペースを開放

iOSデバイス上のデータが多すぎる場合、タッチすると、その応答時間が長くなりますので、タッチスクリーンが反応しない様子のようになります。ですので、スペースをさらに開放する必要があると思います。

ヒント4.以前のiOSバージョンにダウングレード

注意をかけていただきたいのは、全てのiOS端末にとってiOS11は適合ではありません。ハードウェアと互換性のため、スクリーンが反応しない問題が発生するかもしれません。ですので、5sとその前の世代の端末はiOS11へ更新することをお勧めしません。その時に、iOS11からiOS10にダウングレードすれば問題を解決できるでしょう。

ヒント5.3D Touchの感度を変える

ステップ1.iOSデバイスの設定に入り、一般を選択してください。

ステップ2.アクセシビリティに入ったら、3D Touchを選んだらその設定画面に入ることができます。

ステップ3.その設定画面で3D Touchの感度を変えることができます。

ヒント6.iTunesでiPhone/iPadを復元

まず、iTunesの最新バージョンがパソコンにインストールされていることを確認してください。

ステップ1.iPhone/iPadをパソコンに接続してから、iTunesを実行してください。

ステップ2.デバイスのとこをタップして、概要の画面に貼ります。

ステップ3.iPhoneを復元を選択してiPhone/iPadを使用可能な状態に復元できるかもしれません。

注意:iPhone/iPadのユーザにとって一つの役に立つと思っている完全無料なソフト-MobiMover Freeをおすすめします。世界初の完全無料なiPhone向けのデータ移行ソフトとして、EaseUS MobiMover Freeは、無料であなたのiPhone/iPadを完全バックアップ、iOSデバイスとパソコンの間でファイルをシェアすることができます。iPhone 4sから最新のiOS11が搭載されているiPhone 8/8 Plus/Xまでに完全サポートしています。iPhoneデータ移行ソフトとして、iOSデバイス上のデータも手軽に管理することもできます。本当に役に立つソフトなのでしょう。ですので、iTunesでiPhone/iPadを復元する前に、データ紛失を防ぐために、このソフトを使って予め現存のデータをバックアップする必要があると思います。

 

 

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>