> How to Use > iPhoneデータ移行 > 5つの対処法:iOS11でフラッシュライトが使えないエラーを解消

5つの対処法:iOS11でフラッシュライトが使えないエラーを解消

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2020年10月20日に更新

概要:

iOS11へ更新した後、フラッシュライトがいつも通りに使えなくなりました。これはiOS11のバグなのでしょうか。iOS11でフラッシュライトが使えないエラーを解消する方法がありますか。それでは、本文はiOS11のiPhoneでフラッシュライトが使えないエラーを解決できる方法を5つご紹介します。

 

最近、ユーザから「iOS11にアップデートした後、フラッシュライトが使えなくなっちゃった」のような投稿がたくさんありました。iOS11への更新によって、いろんな新機能を体験してみることができる一方、iPhoneのアラームが使えないairdropができないなどいろんな問題も起こりました。

それでは、もしフラッシュライト(懐中電灯)が使えないなら、どうすればいいのでしょうか。次は、五つの対処法を皆さんに紹介します。

5つの方法でiOS11のiPhone/iPadでアラームが鳴らないエラーを解消

1.iPhoneを再起動

もしフラッシュライトが使えないことに気づいたら、とりあえず再起動しましょう。再起動することでフラッシュライトが使えるようになるかもしれません。

2.iPhone/iPadをリセットし、リスタート

iPhoneをリセット

iOS11へ更新した後、設定が自動的に変更してしまったかもしれませんので、フラッシュライトもそれら変更によって使えなくなる可能性があります。その場合、iPhoneの設定をリセットする必要があります。

設定 > 一般 > リセット > すべての設定をリセット

すべての設定をリセットすることによってデータが失うことがありませんので、ご安心ください。

3.iPhoneを復元

iPhoneのユーザにとってiTunesが欠かせないツールだと思います。フラッシュライトが使えなくなるなら、iTunesを使ってiPhoneを復元すれば役に立つと思います。もしもiPhoneを復元することにするなら、データがなくなりますので、データをパソコンまでバックアップすることが大事なことでしょう。ここで完全無料なiPhoneデータ移行ソフトEaseUS MoiMover Freeを皆さんにおススメします。このソフトを使うことで、iPhoneのデータをパソコンまでデータを移行して保存することができます。それに、連絡先、メッセージ、写真、動画やミュージックなどパソコンに保存したいデータを選択することもできます。

iTunesでiPhoneを復元

4.iPhoneを最新のiOSにアップデート

アップル社は既にiOS11.1.2をリリースすることで、以前バージョンのiOS11のバグを修正しました。もし懐中電灯が使えなくなっている場合、最新のiOS11バージョンへの更新を実行してください。

5.iOS11をiOS10にダウングレード

もし以上の方法で解決できない場合、またはiOS11を我慢できない場合、iOS10/iOS10.3.3にダウングレードする可能性もあります。リンクページでそのダウングレードの方法を参照してください。iOS11のフラッシュライトが使えない場合、iOS10にダウングレードしては完全に修復できると思います。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>