> How to Use > iPhoneデータ移行 > iPhoneでアプリを完全削除する方法

iPhoneでアプリを完全削除する方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2021年02月25日に更新

概要:

この記事ではiPhone上のアプリを完全削除する二つの方法を皆さんにご紹介します。本文を参照して、iPhoneの不要アプリを徹底的に削除しましょう。

 

もしも、iPhoneで多すぎるアプリをインストールすると、空き容量がだんだん小さくなり、日常使用の邪魔になりますので、不要なアプリを削除する必要があります。それでは、どうやって必要がないアプリ、またはiPhoneのプリインストールされているアプリを削除しますか。この記事では二つのシンプルな方法を皆さんにご紹介します。

ホームスクリーンでiPhoneの不要アプリを削除

概して言えば、直接にホームスクリーンからアプリを削除するのは、最も使われています。

1.必要のないアプリのアイコンを押し続けます。
2.アプリのアイコンが震えるまで手放しないでください。
3.アイコン右上の x をタップします。
4.削除を選択してください。

iPhoneのホームスクリーンでappを削除

:アプリのアイコンが震えてもⅹマークが表してくれないと、以下の順に移動してください。
設定 一般機能制限アプリの削除 を有効化にしてください。

iPhoneの設定から不要アプリを削除

ホームスクリーンでiPhoneの不要アプリを削除するほか、iPhoneの設定から削除することもできます。

1.iPhoneの設定に入り、一般をタップします。
2.iPhoneストレージを選択すると、全てのアプリが表示されます。
3.不要なアプリをタップして、Appを削除を選択すればokです。

iPhoneの設定からappを削除


MobiMover Freeでさらに多くのファイルを削除

世界初の完全無料なiPhoneデータ管理ソフト―MobiMover FreeでiPhoneの不要アプリを不要なファイルを削除するのも容量を解放するいい手段です。なお、iPhoneのデータをパソコンに転送して保存しようとする場合、MobiMover Freeも完全に役に立ちます。連絡先、通話履歴、ブラウザのブックマーク、ミュージックのプレイリストなども転送できます。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>