> How to Use > iPhoneデータ移行 > 対処法:iPhone/iPadのAirDropが動作できない

対処法:iPhone/iPadのAirDropが動作できない

Tioka | カテゴリ: iPhoneデータ移行 | 2020年10月20日に更新

概要:

iOS11が搭載されているiPhone/iPadでAirDropはどこにあることがわからない場合、またはAirDropが正常に動作できない場合、どうすればいいのでしょうか。この記事では、その対処法を皆さんにご紹介します。

 

最新のiOS11へアップグレードした後、多くのユーザが「AirDropが正常に動作できない」「AirDropはどこに行ったの」「AirDropの設定はどうするか」問題に遭遇していました。

「iOS11に更新した後、私のiPhone 6 plusでAirDropを使えなくなりました。」

「この前、いつもコントロールセンターでAirDropを使っていましたけど、iOS11へ更新すると、コントロールセンターでどうしてもAirDropのアイコンを見つけられなくて、使えないようになりました、助けてください。」

「新しく買ったiPhone7でAirDropを使ってMacにファイルを転送できませんでした。」

それでは、どうすれば「AirDropが正常に動作できない」問題を解決しますか。次の2ステップをご参照ください。

ステップ1.修復する前に、いくつかのことをチェック

iOS11へ更新したら、AirDropが見つからないことがよく発生します。ですので、まず、iOS11でAirDropの場所を述べます。

iOS11、AirDropの設定ーその場所はどこ

iOS11に更新すると、使えるかどうかはまだわからないんですが、AirDropのアイコンはどこに行ってしまって、どうやってAirDropをオンにするか分からなくなります。そういう方はたくさんいらっしゃると思いますので、以下のiOS11でAirDropの設定及びAirDropをオンにする仕方を皆さんに紹介します。

ご存知のように、iOS11へ更新すると、コントロールセンターが一変しました。相変わらず画面の底から上にスリーブするという開け方なのですが、コントロールセンターでのデザインが完全に変わってしまいました。AirDropのアイコンが完全に消えた気がしてます。もしもアップルがAirDrop機能をすててました?

実はそうではありません。以下の画像を見てください。左側の画像の赤枠のとこを押し込んだり(3D Touch)、3D Touchがない場合長押ししたりすると、さらに多くの項目を表示することができます。その画面でAirDropのアイコンが見られますよ。

ios11コントロールセンターの画像

また、iPhoneの設定でもAirDropを設定することもできます。

iPhoneで以下の順に一つずつタップしてください:設定 → 一般 → AirDrop

AirDropの場所はわかっても、使えない場合、AirDropが正常に動作していないことになります。この場合、まず、下記の4点をチェックしてください。

1.互換性をチェック:AirDropは、全てのiOSデバイスと互換性を持つわけではありませんので、まずはお手元のデバイスの互換性をチェックする必要があります。AirDropが使える端末は、iOS7以降のバージョンが搭載されているiPhone5、iPad第4世代、iPod第5世代以降に発売された端末です。

2.使っているアプリがAirDropをサポートするかどうかをチェックする。(シャアボタンをクリックし、AirDropのオプションがあるかどうか)

3.AirDropのオプションを有効にしているかどうかをチェックする。

4.両デバイスの距離が有効転送距離以内にあることをチェックする。(9メートル以内

以上のことを正確に設定している場合、AirDropが依然として使えない場合、以下の対処法を参照してください。

ステップ2.AirDropが正常に動作できないエラーを修復

1.WiFiBluetoothを有効にしてください。

2.iCloudからいったんサインアウトし、再度ログインしてください。

3.ネットワークの設定をリセット設定一般リセットネットワークの設定をリセット

4.デバイスを再起動してください。

もしこの問題が依然としてぞんざいする場合、以下の操作を実行してください。

アップデートをチェック:最新バージョンにアップデートしてください。

アップデートしたとしても、AirDropが使えない場合、AirDropの代替品しかを使わないと考えられています。

EaseUS MobiMover FreeでiPad/iPhoneのデータを転送

EaseUS MobiMover Freeは、完全無料なiPhoneデータ移行ソフトでそのデータ転送はAirDropと比べても全然見劣りしません。AirDropが使えなくなった場合、完全にその代替品になれると思います。すぐ、以下のダウンロードボタンをクリックしてソフトをパソコンにインストールしましょう。

ステップ1. 二つのiOS端末ともパソコンに正確に接続することを確認した上、「フォン To フォン」をクリックします。それから、データの移行方向を選択します。

iOSデバイス同士間でデータを移行するステップ1

ステップ2. データのカテゴリを選択してください。個人ニーズによっては複数のカテゴリを選択可能です。(右側に表示される容量状態は仮に移行済み後状態です。)

iOSデバイス同士間でデータを移行するステップ2

Tips

iCloudがオンにされている場合、ソフトがデバイス上の連絡先、ノート、カレンダー、Safariの情報を読み込み不能になってしまいますので、予めiCloudをオフにしてください。

ステップ3. カテゴリを選択した上、データの移行を開始するには転送をクリックしてください。

iOSデバイス同士間でデータを移行するステップ3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>