> How to Use > ホットトピック > Windows 10セキュリティ問題修正プログラムKB3213986―ダウンロードとエラー排除

Windows 10セキュリティ問題修正プログラムKB3213986―ダウンロードとエラー排除

2017-02-17 Posted by Bak to ホットトピック

概要:
Windows 10のセキュリティ問題修正アップデートはいつもユーザーに注目される話題です。最新のWindows 10セキュリティ問題修正プログラム―KB3213986は既に1月にリリースされましたが、まだダウンロードをしていない、或いはアップデート中のエラーを解決できないユーザーが多いらしいです。KB3213986のダウンロードリンクまたは更新する際に注意するべきこと、更にアップデートエラーの解決法も、ここで皆さんに紹介します。

毎月、セキュリティ問題修正更新を配布するのはマイクロが一貫した方針です。が、Windows2017年2月分の月例アップデートが3月に延期することになりました。それで、最新のWindows 10セキュリティ問題修正プログラムは1月に配布されたKB3213986となっています。

リリースされたのは既に30日間前のことだし、3月まで新しい安全性更新が来ない状態で、このままではWindowsシステムは本当に大丈夫かとも思ってしまいますね。でも今は我慢するしかないでしょう。

ところで、先月の安全性更新のKB3213986ですが、まだアップデートをしてない方は多いらしいです。自動更新ではうまくいけなかった一方で、アップデート中現れる様々なエラーも更新の成功率を下げてしまいます。Windows 10システムアップデートを行う前に、何かエラーの予防手段をする必要でもあるでしょうか?

アップデートする前にやるべきこと

パソコンでのシステムディスク容量不足、またはジャンクファイルの累積などの状況があったら、Windows 10システムアップデートを失敗させる可能性が高いです。ここで、無料のパソコン最適化ソフトEaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。システムディスク拡張、ジャンクファイルの検出&削除、ディスクのエラー修復など、パソコンの調子をよくする機能を備えています。Windowsシステムアップデートを行う前に、まずはパソコンの状態を最適にしましょう。

今すぐダウンロード

 6,000万利用者がご信頼

「クリーンアップ/最適化を実行」をクリックして、ジャンクファイルや大容量ファイルを削除することができます。

パソコンでのジャンクファイルや無駄の大容量ファイルを検出して削除する

システムディスクを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択して、ディスクでのエラーを検出し、修復することが可能です。

システムディスクでのエラーを検出し、修復する

今すぐダウンロード

 6,000万利用者がご信頼

Windows 10セキュリティ問題修正プログラムKB3213986―ダウンロードリンク

もし自動更新モードでアップデートできなかったら、手動で該当パッチファイルをダウンロードしてインストールしましょう。次はKB3213986のダウンロードリンクを皆さんに教えます。お役に立ったら幸いです。

Windows 10 KB3213986 パッチファイルダウンロード

アップデート現れたエラーを解決する

Windows 10トラブルシューターでエラーを修復

Windows 10トラブルシューターはシステム内蔵のエラー修復ツールです。システムエラーがある場合、このツールでエラーを検出し、修復することができます。

1. 「Windows + X 」を同時に押してから、「コントロールパネル」を選択します。
2. サーチボックスで、「troubleshooter」と検索します。そして「Troubleshooting」をクリックします。
3. 「システムとセキュリティ」で、「Fix problems with Windows Updates」プロセスを運行させます。

セーフモードでパソコンを起動

セーフモードではエラーの発生率が下がりますので、セーフモードでパソコンを起動してアップデートを試すのもいい選択肢です。

1. パソコンを再起動し、ロゴが出る前にF8を押します。
2. 「Advanced Boot Options」メニューで、「Safe Mode with Networking」を選択します。
3. セーフモードでパソコンを起動できたら、再度システムアップデートを試します。