> How to Use > ホットトピック > 2017年8月分Windows 10アップデートKB4034674―ダウンロード&エラー排除

2017年8月分Windows 10アップデートKB4034674―ダウンロード&エラー排除

2017-08-09 15:58:15 Posted by Bak to ホットトピック

概要:
2017年8月9日、Windows 10 Creators Update用の新たな累積アップデートKB4034674がリリースとともない、OSビルドが15063.540になります。この記事では、Windows 10 KB4034674のダウンロードリンク、またはアップデート中にエラーが発生するための解決方法を皆さんにご紹介します。

2017年8月9日、Windows 10 Creators Update用の新たな累積更新プログラムKB4034674 がリリースされると伴い、OSビルドが15063.540になりました。このアップデートは依然としてバグ修正に取り組んでいるシステムの品質を改善するためのアップデートで新しい機能が追加されていません。具体的更新内容は、タスクマネージャーのバグ修正、またはedgeをはじめ、48項目の安全性を向上させました。パソコンの安全性にこだわりがある方は是非更新してください。

kb4034674の更新画面

「Windows updates」機能で最新のKB4034674に簡単にバージョンアップできますが、自動更新のプロセスが止まったり、容量不足のため、更新に失敗したりなどの更新エラーもネットで時々見られています。それでは、どうすれば、そういうエラーなしでアップデートKB4034674に無事に更新しますか。次は、それについて皆さんにご紹介していきたいと思います。

アップデートの前、何をする?

システムディスク容量不足、大量のジャンクファイルの残留などは、パソコンの性能に悪い影響を与えつつあり、アップデートの成功率を下げさせる可能性もあります。ここで、強力的なPC最適化ツール―EaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。システムディスク拡張、ジャンクファイルの検出&削除、ディスクのエラー修復など多彩な機能を備えています。しかも無料で利用することもできます。パソコンを健康な状態に維持するままでアップデートKB4034674を実行したい方は、このソフトでパソコンの最適化をしたほうがいいでしょう。また、システムディスクの容量不足のせいでの更新失敗を防ぐためには、このソフトでシステムディスクの容量を拡張することもできます。

クリーンアップ/最適化を実行」をクリックして、ジャンクファイルや大容量ファイルを削除することができます。

最適化を行う

 

システムディスクを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択して、ディスクでのエラーを検出し、修復することが可能です。

ディスクエラーを検出し、修復する

一つのクリックだけで簡単にディスクの最適化とエラー排除ができるEaseUS Partition Master Freeで更新前の準備を十分に!

また、更新が失敗し、パソコンが正常に起動できないことでデータ紛失などを防ぐために、EaseUSの高機能バックアップソフトで事前にシステムクーロンを実行する必要があります。

 

KB4034674ダウンロードリンク

何回も自動更新を実行しましたが、結果は失敗でした。そういうような自動更新がうまくいかなかった場合、手動でパッチファイルをダウンロードしてインストールするのはいつも効果的な方法と思われます。次はKB4034674のダウンロードリンクを皆さんにご提供します。どうぞご利用ください。

2017-08 x64 x86 ベース システム用 Windows 10 Version 1703 の累積更新プログラム (KB4034674)    ダウンロード

KB4034674アップデート中発生したエラーを解決する方法

Windows 10トラブルシューターでエラーを修復

1. 「Windows + X 」を同時に押してから、「コントロールパネル」を選択します。
2. サーチボックスで、「troubleshooter」と検索します。そして「Troubleshooting」をクリックします。
3. 「システムとセキュリティ」で、「Fix problems with Windows Updates」プロセスを運行させます。

セーフモードでパソコンを起動

セーフモードではエラーの発生率が下がりますので、セーフモードでパソコンを起動してアップデートを試すのもいい選択肢です。

1. パソコンを再起動し、ロゴが出る前にF8を押します。
2. 「Advanced Boot Options」メニューで、「Safe Mode with Networking」を選択します。
3. セーフモードでパソコンを起動できたら、再度システムアップデートを試します。