> How to Use > ファイル復旧 > 削除/紛失されたRARファイルを復元する方法

削除/紛失されたRARファイルを復元する方法

2016-09-22 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
RARファイルはよく見える圧縮ファイルの一つのフォーマットとして、数多くのユーザーに利用されています。画像、ドキュメント、メールなど数多くのファイルを圧縮し、容量を小さくした他、共有、転送する時も便利です。しかし、誤ってRARファイルを削除した時、或いは他の原因でファイルが紛失された時、どうすれば、削除/紛失されたRARファイルを復元できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

RARファイルの紛失

「紛失されたRARファイルが復元できるでしょうか?先日RARファイルに圧縮された画像とドキュメントを他人に転送しようとしたが、Dドライブに保存されていたRARファイルをクリックしても、開けませんでした。ファイルは破損状態で開けませんとのエラーメッセージも出てました。紛失された理由が不明ですが、是非そのRARファイルを復元したいです。助けてください。」

RARファイルというのは、最も多くに利用されている一つ種類の圧縮ファイルです。時には、システムクラッシュ、フォーマットなどの原因で、RARファイルが破損状態になってアクセスできなくなります。また、誤操作で大事なRARファイルを削除してしまうこともよくあります。

RARファイルが紛失されると、中身としての画像、ビデオ、ドキュメントなどのファイルも共に紛失されてしまいます。それは確かに困りますね。では、どうすれば、削除/紛失されたRARファイルを復元できるでしょうか?

RARファイル復元できる無料ソフト

ここで、RARファイル復元に対応できる無料データリカバリソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。紛失されたRARファイルそして中の画像、ビデオ、ドキュメントなどのデータを簡単なステップで復元できます。RARファイル紛失に困っている方は是非試してみてください。

ステップ1.ソフトを実行してください。最初画面で削除したファイルの元場所を選択して「スキャン」をクリックしてください。そうすると選んだディスクのスキャンを始めます。

削除したファイルを復元するステップ1-スキャン開始

ステップ2.スキャンが終了した後、画面の上部メニューで「フィルター」をクリックしてください。そして、展開されたリストで削除したファイルの種類を選択してください。検出されたファイルを全部確認することができます。

削除したファイルを復元するステップ2-ファイル検出

ステップ3.復元したいファイルを選択してから「リカバリー」をクリックしてください。選択されたファイルの保存場所を指定して復元を終わえます。ファイルの上書きを避けるため、復元されたファイルを元場所と異なるディスクで保存する必要があるので注意してください。

削除したファイルを復元するステップ3-ファイルの保存

EaseUS Data Recovery Wizardの無料版では、最大限2GBのファイルを復元できますが、それ以上の量を復元したい方は、製品版をご検討ください。

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。