> How to Use > ファイル復旧 > 完全解説:ハードディスク復旧の料金や選び方

完全解説:ハードディスク復旧の料金や選び方

Tioka

Tioka

|カテゴリ:ファイル復旧| 2021年06月16日に更新

主な内容:

概要:

何等かの原因によって、ハードディスクのデータがなくなった場合、ハードディスクの復旧を行う必要があります。しかし、ハードディスクの復旧は無料ではありませんので、本文では、復旧ソフトと復旧サービスの料金体系を紹介した上、復旧方法の選び方をも一緒に紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

ハードディスクを復旧するには、どれくらいの金がかかりますか?この疑問に対して、本文では、データ復旧ソフトやデータ復旧サービスの料金を皆さんに解説していきたいと思います。

一般的には、削除やフォーマットなどの誤操作によるデータ紛失の場合、データ復旧ソフトを使ったら、完全に復元してくれますが、万が一ハードディスクの障害が発生して、データ復旧ソフトを使っても復元できない場合、データ復旧サービスを利用することがおススメです。それでは、下記の内容を読み続けましょう。

ハードディスク復旧の料金

その1.データ復旧ソフトの値段解説

ハードドライブをフォーマットしてしまった場合、データを復元することができますか?

確かに、紛失データは非常に重要なものですが、お金も同様に重要です。なるべく最小限のお金を払って、ハードドライブのデータを最大限に復元したいと思っていますよね。だから、ここで、 EaseUS Data Recovery Wizardというデータ復旧ソフトを皆さんに紹介します。このソフトは、様々なデータロスのシチュエーションにも対応しており、データを非常に低価格で復元することができます。

データ復旧ソフトの値段を決定する要素

データ復旧ソフトを使って、データを復元する場合は、料金は0円から17,900円までになります。

復元データの合計サイズ

EaseUS製データ復旧ソフトは、2GBのデータを復元可能な無料バージョンがありますので、復元したいデータの合計サイズが2GB以内の場合は、無料でも復元することができます。もし復元データのサイズが2GBを超える場合は、8,900円の料金が発生します。

データ紛失の原因

データ紛失の原因もデータ復旧の料金を決める重要な要素の1つとなります。一般的には、データ復旧ソフトは下記の場合で利用できます。

  • 削除復元
  • RAW復元
  • フォーマット復元
  • その他(ウィルス感染、電源障害、システムクラッシュ、オペレーティングシステムの再インストール/アップグレードなど)

日本のデータ復旧ソフトのご利用料金

EaseUS Data Recovery Wizardは、ハードディスクを完全にスキャンし、全種類のファイルを復元することができます。EaseUSは、修復ソリューションを幅広く提供しており、ホームユーザーだけではなく、法人様への復元ソリューションをも提供しています。

データ復旧ソフトの料金帯及び様々なプランは次の通りです。表記の価格はすべて税抜価格となります。

製品名 1ヶ月間 1年間 永久無料版
EaseUS Data Recovery Wizard無料版 無料(2GBのみ) 無料(2GBのみ) 無料(2GBのみ)
EaseUS Data Recovery Wizard個人用 8,900円 11,900円 17,900円
EaseUS Data Recovery Wizard法人用 / 35,880円 58,000円
EaseUS Partition Recovery 5,990円 8,490円 12,990円
EaseUS SQL Recovery / 35,880円 59,880円
EaseUS Exchange Recovery / 35,580円 59,880円

データ復旧ソフトでハードディスクのデータを復元する方法

下記のダウンロードボタンから、EaseUS Data Recovery Wizardを無料で取得することができます。それから、下記の手順を参照してハードディスクの復元を行いましょう。

ステップ1.ソフトの初期画面でHDDのドライブを選択した上、「スキャン」をクリックしてください。

 HDD復旧1

ステップ2.スキャンは実行されます。削除されたファイルを検出してから、ドライブ全体をスキャンします。また、途中でデータの検索とプレビューができます。

 HDD復旧2

ステップ3.復元したいデータを選択して、「リカバリー」をクリックします。データが再度破壊されないために、ほかの保存場所を選択してください。

HDD復旧3

その2.データ復旧サービスの料金解説

手動のデータ復旧サービスなら、データ紛失のケースによって料金が随分異なっています。もしデータ復旧ソフトで復元することができない場合のみ、手動のデータ復旧サービスがおススメです。EaseUSのデータ復旧サービスは、事前に予約して、リモードでサービスを受けます。

手動データ復旧サービス

データ復旧サービスを受けるには、オンラインチャットから開始するか、サポートセンターにご連絡ください。

データ復旧サービスが対応できるケース

PC、MacユーザーがEaseUSのデータ復旧サービスを利用できます。パソコンの内蔵ディスクだけではなく、外付けHDD、SDカード、USBメモリなどの外付けストレージデバイスのデータが紛失した時にも、利用できます。

  • RAID、RAWになったディスク、OS障害を修復
  • 紛失したパーティションの復元(ソフトが復元不可能なもの)
  • その他のデータ紛失事故

データ復旧サービスの値段を左右する要素

手動のデータ復旧サービスは、データ復旧ソフトで復元できない時に役に立ちます。ストレージデバイスがパソコンに認識されない場合、データが破損になった場合など手動のデータ復旧サービスは全部解決してくれます。

データ復旧サービスを左右できる要素は次の通りです。

  • デバイスの障害の種類
  • ストレージデバイスの容量
  • データ復旧ラブの機器運用費用
  • データ復旧のエンジニアの労働費用
  • ご希望の時間帯

SDカード、USBメモリ、ハードディスク、SSDのデータ復旧サービスの利用料金

手動のデータ復旧サービスは、様々なストレージデバイスにも対応しています。ストレージデバイスの種類によって、サービスの料金が違いますので、本文では、主流のストレージデバイス及びその利用料金をまとめて皆さんに紹介します。

  • 前期診断費用は無料(0円)となります。
ストレージ種類 障害種類 ご利用料金
HDD 物理/論理 20,000円-150,000円
SDカード/メモリカード 物理/論理 20,000円-85,000円
USBメモリ/ペンドライブ 物理/論理 20,000円-80,000円
SSD 物理/論理 20,000円-180,000円

データ復旧ソフトとデータ復旧サービス、どちらにする?

データ復旧ソフトとデータ復旧サービスのどちらを選択することに迷っている場合、下記のセルフテスト問題を見てみましょう。

  • この問題は論理問題ですか、それとも、物理問題ですか?
  • データ復旧の便利さと費用のどちらに着になりますか?
  • データ復旧に要する時間及び専門知識を有しますか?

もしデータ紛失の原因は、ストレージの物理破損など物理問題の場合、手動のデータ復旧サービスを利用することがおススメです。これは、最も安全で信頼できる方法かもしれません。それ以外、削除、フォーマット、OSのクラッシュなどの論理問題でデータが紛失した場合、値段が遥かにデータ復旧ソフトを使うのは十分でしょう。

結論

データ復旧ソフトは、削除/フォーマットなどの論理障害で紛失したデータを復元できますが、物理的に破壊されているストレージからデータを復元できません。物理障害などが発生したら、専門のデータ復旧サービスを利用するのは一番万全な対策だと思わています。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ