> How to Use > データ復旧 > 間違ってデータを消してしまった場合のデータ復旧方法

間違ってデータを消してしまった場合のデータ復旧方法

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Bak | カテゴリ: データ復旧 | 2021年01月26日に更新

概要:

間違ってパソコン、デジカメ、外付けHDD、またはUSBメモリなどの記憶装置で大切なデータを消してしまった場合、データの復旧は緊迫で大事なことです。データロスが起こったあと、すぐに記憶装置で使用を停止したら、データの上書きを最大限に避けることができます。そして、できるだけ早く信頼できるデータ復旧ソフトでデータを救出することが大事です。

 

間違ってデータを消してしまったらどうする?

間違ってパソコン、デジカメ、外付けHDD、またはUSBメモリなどの記憶装置で大切なデータを消してしまった場合、データの復旧は緊迫で大事なことです。多くのユーザはゴミ箱から大切なデータを消してしまったり、誤フォーマットや誤削除などの誤操作によってデータを消してしまったりして、油断して重要なデータを無くなってしまいます。上記の状況に遭った場合、ほとんどのユーザは慌ててデータ復旧の方法を探しています。

実は、失われたデータは専門のデータ復旧ソフトで復旧できますので、心配する必要はありません。ただし、データの復旧率はデータを消してしまったあと、記憶装置の使い頻度によって決められますので、データが失われた記憶装置の使用はできるだけ避けてください。データロスが起こったあと、すぐに記憶装置で使用を停止したら、データの上書きを最大限に避けることができます。そして、できるだけ早く信頼できるデータ復旧ソフトでデータを救出することが大事です。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元は可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

簡単で効率的なデータ復旧ソフトで消してしまったデータを復旧

データ復旧ソフトを選択するとき、データの安全性、ソフトの操作の易さ、復旧率、そしてソフトの価格は最も考えられている点です。EaseUS Data Recovery Wizardというデータ復旧ソフトは使いやすくで復旧率が高いため、ここではお勧めしたいです。次は3つの簡単なステップで間違って消してしまったデータを復旧する手順を紹介します。

ステップ1.インストールできたプログラムを実行して、初期画面ではデータが削除された場所を選んでください。(外付けデバイスの場合、パソコンに接続しておく必要があります。)

削除 データ 復元1
ステップ2.スキャンボタンを押すと、削除したデータがすぐ検出され、普通に「削除されたファイル」フォルダに分類されます。ここでお探しのデータをご確認ください。

削除 データ 復元2
ステップ3.「削除されたファイル」から復元したいデータをご確認の上。最後に、チェックしてリカバリーすれば済むことです。

削除 データ 復元3

Tip:「削除されたファイル」にはデータが見つからない場合、「復元候補」から再度探してみてください。破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったファイルがここで見つけます。

チュートリアルビデオをご覧ください

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。