> How to Use > データ復旧 > おススメのデータ復旧ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard

おススメのデータ復旧ソフト - EaseUS Data Recovery Wizard

Bak

Bak

|カテゴリ:データ復旧| 2021年01月26日に更新

主な内容:

概要:

いくら注意しても、パソコンが壊れてデータが失われるトラブルは避けられません。こんな時には、データ復旧ソフトを利用すれば最悪な事態を防ぐことが可能です。元に戻せないと諦めていたデータもデータ復旧ソフトで復活させられる可能性があります。

EaseUS Data Recovery Wizard

どのようなデータ復旧ソフトを選択すべきか?

いくら注意しても、パソコンが壊れてデータが失われるトラブルは避けられません。こんな時には、データ復旧ソフトを利用すれば最悪な事態を防ぐことが可能です。元に戻せないと諦めていたデータもデータ復旧ソフトで復活させられる可能性があります。

しかし、現在出回っているデータ復旧ソフトはたくさんあるため、いったいどのような復元ソフトを選択すべきかという問題が生じます。

実は、優れたソフトは通常は同じ特徴を備えています。それを参考して判断すればより簡単に、適切なソフトを選ぶことができます。その特徴とは、簡単な操作、高速、安全、様々なファイルと色々なデバイスへの対応、有効なスキャン結果の表示などです。

おススメのデータ復旧ソフト

ここでは、お勧めのデータ復旧ソフトがありますので、皆さんに紹介したいと思います。それは、それはEaseUS社が開発されたData Recovery Wizardというソフトです。

このソフトは以上に言及されたメリットをすべて持っています。操作はシンプルで、わずか数回クリックするだけで、正確かつ安全に失われたファイルを検索し、高速復元することができます。画像、書類、音楽、ビデオ、圧縮ファイル、電子メールなど多種類のファイルを復元可能で、パソコンのハードディスク、USBメモリ、カメラ、メモリカード、その他リムーバブルディスクなどのデバイスもサポートできます。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

 

EaseUS Data Recovery Wizardでデータを復旧する方法

EaseUS Data Recovery Wizard」の使い方を詳しく説明します。

ステップ1.ソフトを開き、初期画面からすべてのディスクドライブが表示されています。その中で復元したいドライブを選択した上、「スキャン」ボタンをクリックします。

データ復旧1

ステップ2.スキャンプロセスに入り、ソフトは先に削除されたファイルを検出してから、ドライブを全体的にスキャンします。スキャン中にデータのフィルターニングでデータを選別できます。

データ 復旧2

ステップ3.スキャンが終わると、復元したいデータを選択して、「リカバリー」ボタンをクリックすれば、データを復元できます。

データを復旧するステップ3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ