> How to Use > データ復旧 > 過熱で故障したハードドライブのデータ復旧

過熱で故障したハードドライブのデータ復旧

EaseUSの筆者のプロフィール写真

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2021年02月05日に更新

概要:

このページで掲載されている過熱で故障したハードドライブのデータ復旧策を参照して、EaseUSのハードドライブデータ復旧ソフトで過熱で故障したハードドライブからデータを救出しましょう。

 

ハードドライブ、外付けhddが過熱してしまう原因は何だろうか。過熱してしまうと、その修復は可能だろうか。もし、コンピュータの本体が高温であれば、ハードドライブ、または外付けhddが過熱してしまう可能性があります。通常の場合、WD、TOSHIBAなど多くのハードドライブの温度上限を華氏140度、つまり摂氏温度60度くらいと設定しています。

ハードドライブが過熱する理由

ハードドライブが過熱するのには原因があります。その主な原因として考えられるのは、

  • 長時間の使用
  • ソフトなどの立ち上げ過多
  • 部屋の温度が高すぎる
  • 熱を逃すためのファンが故障している

ハードドライブ過熱を防ぐ対処法

  • 使用環境の見直し

まずはパソコンの使用環境を見直してみます。

  1. パソコンのファンの動きを止めるような場所に置いていませんか。例えば、パソコンを壁に密着するような場所に置いている場合、ファンが上手く働いていない可能性があります。
  2. 室内の温度は適切に保たれていますか。室温が高いのはパソコンにとって好ましくないのは、よく知られていると思いますが、逆にあまりに寒すぎるのもパソコンに負担をかけることとなります。ちなみに適切な温度は、10~35度とされています。
  3. 直射日光のあたるところにパソコンを置いていませんか。直射日光はパソコンの温度を上げる原因となり得ます。直射日光を避けパソコンを設置しましょう。
  4. 使用場所は、ほこりっぽくないですか。ほこりはファンの故障の原因となります。清潔な場所で使用しましょう。
  • パソコンのクリーニング

使用環境を見直しても、状態が改善されない場合、ファンにほこりが溜まっている可能性が高いです。綿棒等を使用し、一度ファンを優しく掃除しましょう。この時、水分を含むものを使わないでください!回線がショートし、故障する可能性があります。

  • パソコンの冷却

最近では、USBに繋いで使える扇風機や、パソコンの下に敷いて冷却させるシートなど様々なグッズが開発されています。これらを利用してパソコンの温度を下げてみましょう。

ハードドライブが過熱する兆し

  • ハードドライブが通常の温度より高い
  • コンピュータが予想せずにシャットダウンしたり、ブルースクリーンになったりする
  • 急に不良セクターなどのエラーメッセージが出てくる
  • ハードドライブの作動音が多くなって騒音が出る
  • ...

もし、ハードドライブが過熱になってしまうと、コンピュータが正常に起動できなくなって、その中のデータにもアクセスできなくなります。その場合、データを復元してその問題を解決する必要があります。

過熱で故障したハードドライブのデータ復旧

ハードドライブの破損状況が重い以上悪くなる前に、できるだけその中からデータを救出しましょう。

もし、ハードドライブが過熱になってパソコンが正常に起動できなくなる場合、ブータブル機能が付きのEaseUSのデータ復旧ソフトが役に立ちます。このソフトによって、起動できないパソコンからデータを復元することができます。

ステップ1.ブータブル機能が付きのEaseUSのデータ復旧ソフトをダウンロードして、USBメモリまたはCD/DVDをパソコンに挿入して、ブータブルディスクを作成してください。

EaseUS Data Recovery Wizard WinPEでブータブルディスクを作成

ステップ2.そのブータブルディスクからパソコンを起動し、データ復旧ソフトが自動的に実行されます。

ステップ3.過熱で故障したハードドライブを選択し、「スキャン」をクリックします。

ステップ4.スキャンが完了した後、ファイル、またはフォルダを選択し、「リカバリー」をクリックすることでデータを救出することができます。

注:データの上書きを防ぐため、またこのディスクは既に破損されているため、データを他の外付けhddに保存してください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。