> How to Use > データ復旧 > サーバーで紛失したデータを復旧する方法

サーバーで紛失したデータを復旧する方法

2019年06月06日に更新

筆者:Bak

データ復旧
概要:
効率的に仕事するため、会社ではよくサーバーを利用して文書やファイルを共有しています。もし誤削除やクラッシュなどの原因でサーバーでのデータが紛失されたら、会社の大きな損失になることは確実です。どうすればサーバーで紛失したデータを復旧できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

今の会社では、仕事の効率を上げるため、サーバーを利用して文書やファイルを共有するのはごく一般的です。しかし、誤削除やクラッシュなどの原因で起されたサーバーでのデータ紛失が、実際に起こり、会社の方々を悩ませています。どうすれば、サーバーで紛失したデータを復旧できるでしょうか。

もしデータ損失が起こっても、焦る必要はありません。ここで、サーバーデータ復旧に対応するリカバリソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。Windows Server 2012/2008/2003でデータを簡単に復元することができます。操作は全然難しくなく、復旧率も高いと評判の、実に優れたリカバリソフトです。まずは下記のリンクにて無料体験版をダウンロードして、失くしたデータをスキャンしてみるのをお薦めします。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard Free

  • 3400+ファイル形式のデータを快適で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

ファイルサーバーとは?

ファイルサーバーとは、LANの中でそれぞれのメンバーが自由にファイルを保存し、共有できる仕組のためのサーバーコンピューターのこと

例えば、会社内で、新しいプロジェクトのためのファイルが個人のデバイスのみに保存されている場合、チーム内でそのファイルの編集状況を反映しながら共有することが難しくなります。このような場合に、ファイルサーバーを持っていると、共有しているファイルを編集する形になるので、チーム内のメンバーそれぞれが、最新の更新状況を把握することが可能になります。

なぜファイルサーバーは便利?

上記で説明したように、ファイルサーバーは、ファイルの共有に役立ちます。しかし、ファイルサーバーのを持つことのメリットは、それだけではありません。というのも、ファイルサーバーは、私たちが普段忘れがちなバックアップ機能を果たしてくれたりもするのです。つまり、個人のみでデータを管理している際、その人の使用しているパソコンの故障や誤削除によって、ファイルを損失してしまえば、一発でデータ損失になります。しかし、ファイルサーバーがあれば、サーバー上にファイルを複数人で共有し、管理していることから、突然のデータ紛失にも対応できます。

サーバーで紛失したデータを復旧する操作手順

たったの3つのステップで、紛失したサーバーデータを復元することができます。まずはソフトをサーバーにインストールしてから、下記操作ガイドに従って、データを復元してみましょう。

ステップ1.このWindows Serverに互換するデータ復元ソフトをダウンロードして起動してください。ディスク情報を読込んだ後の初期画面でスキャンを行うディスクを選択してください。次に、スキャンに入ります。

windows 8 データ復元1
ステップ2.スキャンが終わると、まず「削除されたファイル」から失ったデータをご確認ください。フィルターでデータ種類(画像/ドキュメント/ビデオ/オーディオ/メールなど)や他の条件を設定することで検索範囲を縮小可能です。

windows 8 データ復元2
ステップ3.検出されたデータをご確認の上、チェックして「リカバリー」ボタンを押すと、指定場所に保存することができます。

windows 8データ復元3
Tip:リカバリーした後のデータが開けなくなる場合、「復元候補」からもう一度復元してみてください。破損状態がひどく、ディレクトリ情報が失ったデータがここで見つけます。

 

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。