> How to Use > データ復旧 > Windows 10/8/7「 パラメータが正しくありません」エラーを修復する方法

Windows 10/8/7「 パラメータが正しくありません」エラーを修復する方法

Bak

Bak

|カテゴリ:データ復旧| 2021年01月25日に更新

主な内容:

概要:

Windows 10/8/7でのエラー「パラメーターが正しくありません」を修復することが可能でしょうか?それについて皆さんに紹介します。

EaseUS Data Recovery Wizard

パラメーターエラー:「パラメーターが正しくありません」、「パラメーターが間違っています」について

「エラー:パラメーターが正しくありません」は最近ずっと私を困らせています。Windows 10搭載のパソコンにUSBを接続すると、「パラメーターが正しくありません」、「パラメーターが間違っています」というエラーメッセージが表示されて、アクセスできません。どうすればいいでしょうか?

エラーパラメータが正しくありません

「パラメーターが正しくありません」、「パラメーターが間違っています」エラーが、Windows 10/8/7環境でよく発生します。症状としては、外付け記憶デバイスがパソコンに認識されず、読み書き操作も一切できなくなります。

でも、心配いりません。「パラメーターが正しくありません」、「パラメーターが間違っています」にも、対処できる手段があります。次で、詳細の修復方法を皆さんに紹介します。

パラメーターエラーが起こる原因

パラメーターエラーは、ディスクやUSBメモリー内の「パーティションテーブルのパラメーターが間違っている」ことを意味しています。パラメーターとは、ファイルシステム(フォーマット)を示すラベルのことを指すので、簡単に言えば、ラベルの値に異常があり、正しく認識できない状態のため、エラーが発生するということです。ちなみに、ラベルの値に異常があるという誤作動なので、内部のデータは正常である場合が多く、デバイスに問題はないので安心してください。

主な原因として考えられるのは、ディスクのアクセス中の接触不良や、アクセス中にUSBの抜き差しをしたことによるデータ破損などが挙げられます。

簡単な対処法

まずはPCの電源を切り、HDD、SSDなどが接続されているUSBコネクタを外して、しっかりと接続し直しましょう。パーティションテーブルの不具合ではなく、ケーブルやコネクタの接触不良などが原因で一時的に読み取りができなくなり、エラーメッセージが表示されていることがあるからです。再度接続してから電源を入れてみてください。

パラメーターエラー:「パラメーターが正しくありません」、「パラメーターが間違っています」の修復方法

CHKDSKコマンドを利用する

1.外付けハードドライブ、USB、或いはメモリカードをPC接続します。

2.コマンドプロンプトを開きます。

  • Windows 7:「スタート」をクリックして、サーチバーで「cmd」と検索します。そして、「cmd.exe」を開きます。
  • Windows 10/8:検査ボックスで「cmd」を人力して,「コマンドプロンプト」を右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

3.コマンドウィンドウで、指令「chkdsk E: /f /r」を実行します。(Eのところに記憶デバイスのラベル名を入れ替えてください。)

CHKDSKコマンドを実行するステップ

それで、CHKDSK指令が自動的に記憶デバイスを修復し始めます。

データを抽出してから、デバイスをフォーマットする

CHKDSKが効かないと、できるだけ多くのデータを抽出してから、デバイスをフォーマットするのは最後の手段となります。ここで皆さんにお薦めしたいのは、専門的なデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizardです。HDD障害によりアクセスできなくなったファイルを抽出することが可能です。体験版でスキャンを行ってみましょう。

高機能データ復元ソフト- EaseUS Data Recovery Wizard

  • 3400+ファイル形式のデータを高確率で安全に取り戻せる
  • クイックスキャンとディープスキャンで復元率アップ
  • SDカードのほか、SSD、ゴミ箱、HDD(ハードドライブ)、USBフラッシュドライブなど、およそ全ての記憶メディアから削除したデータを復元可能!
  • 復元の前に、音声、ビデオ、画像、ワード、エクセルなどをプレビュー可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~11.0(macOS Big Sur)

ステップ1.エラーが発生したディスクをパソコンに接続して、ソフトを開きます。そして、初期画面でそのディスクを選択した上、「スキャン」をクリックします。

エラーディスク 復元1

ステップ2.エラーが発生したディスクへのスキャンプロセスが自動的に実行されます。このスキャンプロセスは、エラーディスク上のすべての復元可能なファイルを検出するためのプロセスです。

エラーディスク 復元2

ステップ3.スキャンのプロセスが終わったら、ファイルを復元するには、検出できたファイルを選択して「リカバリー」をクリックしてください。(目標ファイルをもっと素早く特定するため、上部メニューのフィルダーをクリックしてファイル種類で絞り込むことが可能です。)

エラーディスク 復元3

データを抽出してからクイックフォーマットを行う

「パラメーターが正しくありません」エラーを修復するのは、Windowsでクイックフォーマットとも呼ばれる高レベルのフォーマットを実行する方法もいけます。ターゲットデバイスのファイルシステムがリセットされ、再びアクセスできるようになります。

操作手順

1.アクセンスできないデバイスをPCに接続されます。

2.ファイルエクスプローラーを開き、アクセンスできないデバイスを右クリックして、「フォーマット」を選択します。

3.ファイルシステムをリセットします。NTFS(内蔵ハードドライブの場合)FAT32(USBの場合、32GB未満の外付けハードドライブ)

4.[OK]をクリックすると、フォーマットがすばやく実行されます。

この操作方法により、ボリュームの新しいファイルシステムが作成され、ボリュームで発生するエラーを修復可能です。

まとめ

パラメーターエラーが発生したとき、上記の修復方法をお試してください。しかしながら、ファーマットの方法を試す前に、データを抽出することが大切です。そこで、皆さんにプロなデータ復元ソフトーEaseUS Data Recovery Wizardをお薦めます。興味がある方、ぜひダウンロードしてください。

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?

  • Vectorプロレジ大賞
  • 第28回、30回、33回、
  • なんと3回も受賞した優秀なソフトウェア!
  • 誤って消去してしまったファイルをはじめ、様々な問題や状況でもデータを簡単に復元することができます。強力な復元エンジンで高い復元率を実現、他のソフトでは復元できないファイルも復元可能です。

    もっと見る
  • Easeus Data Recovery Wizard Freeの機能は強い。無料版が2GBの復元容量制限があるが、ほとんどのユーザーはほんの一部特定なデータ(間違って削除したフォルダとか)のみを復元したいので十分!

    もっと見る
  • ...このように、フリーソフトながら、高機能かつ確実なファイル・フォルダ復活ツールとして、EASEUS Data Recovery Wizardの利用価値が高い。

    もっと見る

無料で
紛失データを
完全復活!

強力なスキャン機能で、様々な紛失データを素早く復元しましょう。

データ復旧対策

 

タイムライン

お問い合わせ