> How to Use > データ復旧 > Exchange復旧ソフト|Exchangeデータベースからメールボックスを復元する

Exchange復旧ソフト|Exchangeデータベースからメールボックスを復元する

Tioka | カテゴリ: データ復旧 | 2019年05月29日に発表

概要:

Exchange ServerのEDBファイルがなくなった場合、または、データベース中のメールボックスがなくなった場合、専門のデータ復旧ソフトは、Exchangeのデータ復旧に役に立ちます。

 

Microsoft Exchange Serverは、メールサーバーとして、数多くの端末で広く使われています。Microsoft Exchange Server のおかげで、仕事の効率性が向上することが可能です。それでは、もしExchange Server側に何か不具合が発生することで、Exchange Server のデータベースが破損したり、メールボックスが消失したりすることもすくなくりません。それでは、もしこのような状況に遭遇したら、ここで役に立つ対処法を皆さんに紹介していきたいと思います。

Exchange復旧ソフト-EaseUS Exchange Recovery

シチュエーションによって違うExchange復旧ソフトを使ってexchangeのデータベースを復元する必要があります。例えば、Exchange Serverのデータベースファイル(edbファイル)がなくなった場合、ハードディスク復旧ソフト-EaseUS Data Recovery Wizardを使ったら復旧できます。

しかしながら、このソフトはデータベースファイルが破損している場合のファイル修復するを行うことができません。データベースファイル(例えばメールボックスなど)を修復するには、高機能のExchange復旧ソフト-EaseUS Exchange Recoveryが必要となります。Exchange復旧ソフトができることを下記で確認することができます。

  • メールボックスのアイテン(受信箱、送信箱、送信済みのアイテム、削除済みのアイテム、カレンダー、連絡先、メモーなど)の内容を復元する
  • Exchange Serverから削除したメールボックスを丸ごと復元する
  • Eseutil commandsが失敗した場合でも破損したメールボックスを修復可能
  • ディスマウント/オフラインのメールボックスをEDBファイルから復元
  • ダーティシャットダウン後のデータ復元
  • メールボックスをMSGにエクスポートする、またはライブExchange Serverに保存する

最も肝心なことに、EaseUS Exchange Recoveryは現在、期間限定無料で体験可能なので、ダウンロードしたら、無料でライセンスを取得することが可能です。それでは、下記のダウンロードボタンからソフトをダウンロードして、Exchangeのメールボックスを復元しましょう。

Exchangeデータベースからメールボックスを復元する方法

EaseUS Exchange Recoveryは、Exchangeデータベースからメールボックス(EDBファイル)を復元したい時に使える最適なソフトウェアです。Exchangeデータベースからメールボックスを復元するには:

ステップ1.EaseUS Exchange Recoveryを立ち上げ

EDBファイルの場所を知っていれば、直接にEDBファイルを選択します。

EDBファイルの場所がわからない場合、"Search"をクリックして、EDBファイルを探します。

edbファイルを選択します

ステップ2.EDBファイルの場所を選択してから、"Analyze"をクリックします。

edbファイルを指定して分析します

ステップ3.結果をプレビューして、Exchangeのデータを修復します。

結果を確認してedbファイルを修復

メールボックスをExchangeに復元するには、 "Recover"をクリックします。ここでアカウント名とパスワードが要求されます。

メールボックスを復元する

"OK"をクリックします。EDBのデータはソースとして追加され、メールボックスがExchangeにリストされます。

メールボックスをmsgファイルに復元する1

 メールボックス、もしくはメッセージをエクスポートするには、"Export MSG"をクリックして保存先を選択します。

メールボックスをmsgファイルに復元する2

プロセスが完了したら、"OK"をクリックします。

メールボックスをmsgファイルに復元する3

関連製品についてもっと詳しくはこちら>>

この記事をどのように評価しますか?