> How to Use > バックアップと復元 > 【Windows 10 レビュー】Windows 10の新機能・使用感想

【Windows 10 レビュー】Windows 10の新機能・使用感想

2015-07-23 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
米Microsoft社は、2015年7月29日(現地時間)よりWindows 10を公開すると発表しました。次世代のOSとして、Windows 10がWindows 8より、革新的なユーザ体験を提供することに目指しています。今日は、リリース直前にあたりWindows10の新機能を評価してみます。

米Microsoft社は、2015年7月29日(現地時間)よりWindows 10を公開すると発表しました。次世代のOSとして、Windows 10がWindows 8より、革新的なユーザ体験を提供することに目指しています。今日は、リリース直前にあたりWindows10の新機能を評価してみます。

Windows 10システム要件

まずはWindows 10のシステム要件をご紹介します。Windows 10のシステム要件はWindows 8.1とほぼ同じです。

  32ビット 64ビット
プロセッサ 1 GHz以上(PAE,NX,SSE2が搭載されたCPU) 1 GHz以上(PAE,NX,SSE2が搭載されたCPU)
RAM 1GB 以上 2GB 以上
グラフィック DirectX 9.0以上(WDDM 1.0 以上の対応ドライバが提供されたGPU) DirectX 9.0以上(WDDM 1.0 以上の対応ドライバが提供されたGPU)
ストレージ 16GB 以上 20GB 以上

現在Windows 7/8/8.1が問題なく動作するシステムであれば、Windows 10も問題なく動作できます。ただし、Windows 10がx86プロセッサ搭載のPCとWindows 10タブレットにしかサポートしないので、アップグレードを行う前に、システムの要件を確認してください。

Windows 10の目立つ新機能

・Cortana

Windows 10が標準搭載する会話型音声認識パーソナルアシスタントコルタナ(Cortana)が、Windows 10の正式版リリースされた後、日本でも利用できることが発表されています。Cortanaは、ローカライズされたされた個性を持ち、日本のCortanaは礼儀正しく、「初期設定でお辞儀している」とのことです。

・Microsoft Edge

Windows 10のデフォルトブラウザMicrosoft Edgeが、Chrome、Firefox、Safariなどのブラウザと比べて、操作性と速度に特に得意ところがないと思いますが、ブラウザの上にメモを書き込むことができる点は目を引きます。

・UIの改善

スタートメニューが復活。Windows10の最大の目玉である「スタートメニュー」の復活で、Windows 7 PCを利用していた既存ユーザーが、スムーズで効率的に操作できるようになっています。

新アイコン。Windows 10がフラット化された、新しい色のアイコンを採用し、ユーザの体験を向上させました。

転ばぬ先の杖 - Windows 10にアップグレードする前に準備しておくべきこと

1.システムのバックアップ

Windows 7/8/8.1からWindows 10にアップグレードする途中、システムクラッシュが発生する可能性があります。システムクラッシュが発生したら、厳しいデータ損失が引き起こされます。それで、システムをアップグレードする前に、無料のバックアップソフトを利用して、システムや大切なファイルをバックアップしておくことをお勧めします。詳しい手順は「システムバックアップを取る方法」という記事をご参照ください。

システムバックアップソフト-Todo Bakcup Free

2.システムダウングレード

Windows 10に慣れない、またはアップグレード後、アプリがWindows 10でうまく動作しない場合、Windows 10からシステムをダウングレードする必要があります。無料のダウングレードソフトがいつでも、Windows 10を簡単で自由にWindows 7/8/8.1に戻させられます。Windows 10にアップグレードする前に、ダウングレードソフトのSystem GoBack Freeでシステムのバックアップを取っておくことをお勧めします。

システムダウングレードソフト-EaseUS System GoBack

EaseUSが選ばれる理由