> How to Use > バックアップと復元 > Windows 10新ビルド14366にアップデートする方法

Windows 10新ビルド14366にアップデートする方法

2016-06-21 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
Windows 10新ビルド14366にアップデートする時はうまくいけなかったですか?このページでビルド14366にアップデートする方法と発生したエラーの解決法を皆さんに紹介します。

Windows 10新しいビルド14366がリリースされました。皆さんは無事にアップデートできましたでしょうか。時には、エラーが発生してアップデートが失敗してしまうこともあります。どうやってエラーを修復し、ビルド14366にアップデートできるでしょうか。今日は、その方法について紹介します。

Win 10新ビルド14366にアップデート

自分のパソコンで問題があるかどうかを分からない方は、まずはビルド14366にアップデートしてみましょう:

「設定」「アップデート&セキュリティ」「アップデート確認」「今すぐアップデート」

ビルド14366が検出されなかったら、アップデートアクセスを閉じたか、それともパソコンが正確にネットに接続していなかったか、確認してください。

Win 10新ビルド14366アップデートする時のエラー修復

エラーが発生して、ビルド14366にアップデートできなかったら、下記の解決策をご覧になればと思います。

システムディスクを拡張&システムリストアでエラーを修復

システムディスクでの容量不足なのはアップデート中にエラーを起しがちです。ビルド14366にアップデートする前、システムディスクに十分なスペースが残されることを確認してください。

システムをリストアしてから、再度アップデートを試すのも一つの方法です。ただし、リストアする前にリストアポイントを作成し、或いは今のシステムをバックアップして置く方が穏当なのです:

サーチバーで「Create a restore point」と検索→システムプロパティで「システムプロテクション」「システムリストア」を選択

それともバックアップソフトEaseUS Todo Backupを使って無料でシステムイメージを作成し、リストアするのもおススメです:

WinPEブータブルディスクでパソコンを起動する

ブータブルディスク作成ツールが搭載されるEaseUS Todo Backupを使ってWinPEディスクを作成し、そこでパソコンを起動するのも問題を解決できます。

1.パソコンをリブート→EaseUS Todo Backupからウィンドウズを起動→EaseUS WinPE bootable diskからブート。

2.Windows 10アップデートを再実行。

ウィンドウズトラブルシューターでエラーを修復

1.サーチバーで「troubleshooting」と検索し、「システム&セキュリティ」にてWindowsアップデート問題修復を選択します。

2.「Advanced」にて「Apply repairs automatically」をチェックします。

3.「Run as administrator」をクリックして、 「次へ 」

トラブルシューターが自動的にエラーを修復します。修復が終わると、パソコンを再起動し、ビルド14366にアップデートしてみてください。

 

EaseUSが選ばれる理由