> How to Use > バックアップと復元 > windowsアップデートするにはリカバリディスク作成が必要?

windowsアップデートするにはリカバリディスク作成が必要?

2016-05-19 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
windows10がリリースした以来、多くのユーザーに利用されていました。しかし、システムが何らかの事情で起動しなくなったり、調子が悪い時は、パソコンをアップデートする前の状態に戻したいということもあります。この文章ではwindowsアップデートする前にのやるべきことを皆さんに紹介します。

皆さんは、ウィンドウズ最新バージョンwindows 10にアップデートする前、「リカバリディスクを作れ」とアドバイスされたことがありますか?リカバリディスクというのは、CDやDVDにシステムのバックアップを保存することです。過去の経験によると、windows 8をwindows 8.1にアップデートした後、HDDリカバリ領域が無効になりますので、リカバリディスクを作って置かないと、万が一パソコンに不具合が出て、前のシステムに戻ることもできません。ですから、windows 10にアップデートする事前にリカバリディスクを作成することは必要です。

リカバリディスク作成する方法

それでは、リカバリディスクの作成する方法を紹介します。

普通には、スタートメニューにすべてのプログラムを検索してみたら、リカバリディスク作成のソフトがあります。ソフトを実行して、用意したCDやDVDにリカバリを書き込めばディスクの作成ができます。

二つの実用ソフトを紹介

実は、他の実用ソフトを利用して、システムバックアップやシステムダウングレードなどは簡単に行えます。ここで、EaseUS System GoBack FreeEaseUS Todo Backup Free二つのフリーソフトを皆さんにおススメしたいです。

まずは、EaseUS System GoBack Freeの方を紹介します。EaseUS System Gobackでシステムデータとファイルのみを快速にバックアップすることができます。操作ガイドにより、Windowsシステムを迅速にバックアップして、アップデート失敗時や新バージョンに不慣れがある時にワンクリックで元のWindowsバージョンに戻すことができます。

システムゴーバックインターフェイス

もう一つお役に立てるソフトはEaseUS Todo Backup Freeというデータ&システムバックアップツールです。事前にシステムをバックアップしておけば、いつでも元に戻れます。

では、詳しい操作手順を紹介します

まずは、EaseUS Todo Backup Freeを実行して、「システムバックアップ」をクリックします。

ソフトを運行し、システムバックアップを選択

次は、バックアップしたいシステムを選択してから、保存先を指定します。

システムと保存先を選択

最後に、バックアップを「実行」します。

バックアップを実行

システムを復元したい時は、システムイメージを復元する方法にてご参照ください。

EaseUSが選ばれる理由