> How to Use > バックアップと復元 > Exchange、SQL、メールやファイルをクラウドにバックアップする方法

Exchange、SQL、メールやファイルをクラウドにバックアップする方法

2015-11-06 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
「クラウドバックアップ」は、オンラインバックアップとも呼ばれ、常にネットサービスとして提供されています。自分のGoogleドライブ、Dropbox、Onedriveにデータをバックアップしたい場合、簡単なクラウドバックアップソフトを使えばいいです。「EaseUS Todo Backup Server」は、Exchange、SQL、メールやファイルのクラウドバックアップを毎日、毎週、毎月の特定な時間に自動的に実行することができます。

Exchange、SQL、メールやファイル用のクラウドバックアップソフト

Exchange、SQLのデータベースをバックアップするために、大容量のバックアップストレージが必要です。メールやファイルをクラウドにバックアップするには、ファイルを一つずつクラウドにアップロードする必要があります。それで、簡単でHDDの容量を節約できる「クラウドバックアップ」は人気のバックアップ方式になっています。クラウドバックアップソフトは、指定したExchange、SQL、メールやファイルを定期的に自動バックアップしてくれます。

「クラウドバックアップ」は、オンラインバックアップとも呼ばれ、常にネットサービスとして提供されています。自分のGoogleドライブ、Dropbox、Onedriveにデータをバックアップしたい場合、簡単なクラウドバックアップソフトを使えばいいです。「EaseUS Todo Backup Advanced Server」は、Exchange、SQL、メールやファイルのクラウドバックアップを毎日、毎週、毎月の特定な時間に自動的に実行することができます。下記からソフトをダウンロードして、無料体験することができます。

Exchange、SQL、メールやファイルのクラウドバックアップを実行する手順

1.[EaseUS Todo Backup Advanced Server]を実行して、Exchangeデータベースを選択します。そして、バックアップしたいファイルを選択します。

exchangeバックアップ

2.ターゲットでバックアップファイルを保存する場所を選択することができます。[参照]をクリックして、[クラウドデバイス] > [クラウドデバイスを追加]をクリックします。

3.クラウドの種類を選択します。そして、クラウドにログインして、Todo Backupのアクセスを許可します。

4.クラウドの追加が完了します。クラウドをダブルクリックして、その中のフォルダーを見ることができます。

5.バックアップファイルを保存したいフォルダを選択して、[OK]をクリックします。

6.バックアップスケジュールを設定することにより、Exchange、SQL、メールやファイルの完全、増分、差分バックアップを自動的に実行することができます。

EaseUSが選ばれる理由