> How to Use > バックアップと復元 > ファイルやメールをクラウドまでバックアップする方法

ファイルやメールをクラウドまでバックアップする方法

2015-11-05 Posted by Bak to バックアップと復元

概要:
[EaseUS Todo Backup ver. 8.9]には、ファイルやメールを定期的で自動的にクラウドまでバックアップする機能を増加しました。この機能により、重要な写真、動画、ドキュメント、メールなどのファイルやフォルダーを毎日、毎週、毎月でOneDrive、Dropbox、Google Driveまでバックアップできるほか、増分、差分バックアップを設定することもできます。

クラウドバックアップのメリット

[クラウドバックアップ]とは、オンラインのデータバックアップとして知られ、重要なデータをクラウドストレージにバックアップして保存することを指しています。そのメリットといえば、PC、HDD、外付けHDDなどの記憶装置がなくても、重要なデータを簡単にバックアップすることができるほか、記憶装置が壊れてもクラウドストレージからデータを復元できます。それ以外、バックアップしたデータを保存している記憶装置を手元に持つ必要がなく、データ損失が発生したら、いつどこでも簡単にデータを取り戻せます。

次は、Windows 10対応のバックアップソフト[EaseUS Todo Backup]を使って、ファイルやメールをクラウドまでバックアップする方法を紹介します。

[EaseUS Todo Backup]でクラウドバックアップを自動的に実行

[EaseUS Todo Backup ver. 8.9]には、ファイルやメールを定期的で自動的にクラウドまでバックアップする機能を増加しました。この機能により、重要な写真、動画、ドキュメント、メールなどのファイルやフォルダーを毎日、毎週、毎月でOneDrive、Dropbox、Google Driveまでバックアップできるほか、増分、差分バックアップを設定することもできます。これから、手動でファイルをクラウドに保存する必要がなく、[クラウドバックアップ]はあなたの重要なデータを自動的にクラウドストレージにバックアップします。遠隔からファイルにアクセスしたり、データ損失時のファイル復元は非常に簡単になります。

[EaseUS Todo Backup]でクラウドバックアップを実行する手順

次は、ファイルやメールをOneDrive、Dropbox、Google Driveにバックアップする手順を紹介します。

1.[EaseUS Todo Backup]を実行して、ファイルバックアップやメールバックアップを選択します。

1.ファイルバックアップやメールバックアップを選択する

2.バックアップしたいファイルやメールを選択した後、ターゲットで[参照]をクリックして、[クラウドデバイス] > +[クラウドデバイスを追加]をクリックします。

2.[クラウドデバイス] > +[クラウドデバイスを追加]をクリックする

3.下記ウィンドウが出てくると、クラウドサービスの種類を選択します。

3.クラウドサービスの種類を選択する

4.クラウドサービスのアカウントにサインインし、[EaseUS Todo Backup]のアクセスを許可します。

4.[EaseUS Todo Backup]のアクセスを許可する

5.クラウドデバイスの追加が完了しました。

5.クラウドデバイスの追加が完了

6.バックアップの目標フォルダーを選択して、[OK]をクリックします。

6.バックアップの目標フォルダーを選択する

7.[スケジュール]をクリックして、定期的なバックアッププランを設定することができます。詳しい手順は自動バックアップを設定する方法をご参照ください。

7.自動バックアップを設定する方法

EaseUSが選ばれる理由