> How to Use > 記憶媒体復旧 > HDDデータ復旧のフリーソフトを紹介

HDDデータ復旧のフリーソフトを紹介

2014-06-12 Posted by Bak to 記憶媒体復旧

概要:
論理障害によるデータロスはよく起こっていますが、今はオペレーティングシステム自体で復旧できません。無くなったデータが保存されているハードディスクのクラスターが上書き、物理的に破壊され、または破損してしまったら、データを復旧する機会が小さくなります。ハードディスクの状態がよい場合、無料なハードディスクデータ復旧ソフトで残したファイルシステムエントリを検索し、データの位置を分析して、すべての紛失したデータ復旧することができます。

HDDのデータ損失が発生した原因

ハードディスクのデータ損失はパソコンユーザに永久的なデータ損失をもたらす可能性があります。また、ほとんどの場合で、ハードディスクのデータロスは非常に複雑です。ハードディスクのデータロスが起こったら、まずはハードディスクは物理的に破壊されましたかと確認するべきです。物理的な損害はhddのデータへのアクセスを不可能にさせます。こういう場合はデータ復旧業者にハードディスクの修復を依頼しなければなりません。もしデータロスは削除、フォーマット、パーティションの紛失などの論理障害に引き起こされたら、ハードディスクのデータ復旧ソフトで失われたデータを回復できます。

ハードディスクのデータロスは修復できる原因というと、無くなったデータは本当に消えてしまっていません。たとえゴミ箱からや、Shift Deleteキーでデータを削除してしまっても、ハードディスクが標準/クイックフォーマットされても、またはパーティションが消失や破損してしまっても、実はただファイルシステムのみは消失してしまったのです。図書館で本の位置を記録している目録がなくなったように、本はまだ棚の上に存在していると同じ意味です。ハードディスクはその図書館であり、ファイルシステムは目録であり、データはハードディスクに保存されている本であります。

 

 

ハードディスクのデータロス問題をどうやって解決する?

論理障害によるデータロスはよく起こっていますが、今はオペレーティングシステム自体で復旧できません。無くなったデータが保存されているハードディスクのクラスターが上書き、物理的に破壊され、または破損してしまったら、データを復旧する機会が小さくなります。ハードディスクの状態がよい場合、無料なハードディスクデータ復旧ソフトで残したファイルシステムエントリを検索し、データの位置を分析して、すべての紛失したデータ復旧することができます。

HDDデータ復旧のフリーソフトで失われたデータを復旧

EaseUS Data Recovery Wizard Freeは無料でありながら、最高なハードディスクデータ復旧ソフトとして、Windows 2000/XP/Vista/7/8/8.1環境でソフトクラッシュ、フォーマット、ウィルス攻撃、パーティションロスなどいろいろな原因で失われたハードディスクのデータを復旧できます。また、このデータ復旧のフリーソフトはダイナミックディスク、RAID、EXT2、EXT3などのシステムファイルに対応できます。

ハードディスクデータ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Free

EaseUS Data Recovery Wizard Freeを使って、ハードディスクを復旧する手順は「フォーマットされたhddの復元方法」をご参考ください。

 

 

HDDの消えたデータを復元する方法を紹介する動画

EaseUSが選ばれる理由