> How to Use > 記憶媒体復旧 > メモリカード「Fatal error」を修復、データを復元する方法

メモリカード「Fatal error」を修復、データを復元する方法

2017-03-16 Posted by Bak to 記憶媒体復旧

概要:
メモリカードはエラー文句「Media card storage cannot be accessed due to fatal errors」によって、アクセスできなくなり、データの読み書き操作ができなくなることがあります。どうやってメモリカード「Fatal error」を修復し、中身のデータを復元できるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

「Fatal error」でメモリカードがアクセス不能に?

「Blackberry内蔵の16GBのSDカードでは、突然にMedia card storage cannot be accessed due to fatal errorsというエラー文句が現れて、アクセス不能状態になって、データの読み込み操作もできなくなりました。どうすれば、メモリカードFatal errorを修復、データを復元できるでしょうか?教えてください。」

SD、メモリカードなどの記憶装置は、「Fatal error」になってアクセス不能状態に陥って、実質の使用不可になる可能性があります。でもご心配なく、次はこの「Fatal error」を解決する方法を皆さんに紹介します。

「Fatal error」を修復する方法

ステップ1:中身のデータを抽出しておく

メモリカードの修復作業の過程に、中身のデータに不可逆のダメージを与えるかも知れません。データ紛失を回避するため、メモリを修復する前に、中身のデータを抽出することが必要です。

ここで、メモリカード対応の無料データ復旧ソフトEaseUS Data Recovery Wizard Freeを皆さんにお薦めします。メモリカードでのデータが隠されても、復元するのは可能です。

1.メモリカードをパソコンに接続して、データ復旧ソフトを実行します。そして、初期画面でメモリカードを選択して、「スキャン」をクリックします。

初期画面でメモリカードを選択して、「スキャン」をクリックする

2.クイックスキャンが完了した後、より多くのデータを検出するため、ディープスキャンが自動的に行います。スキャンプロセスが完了するまでしばらく待ちます。

スキャンプロセスが終わるまで待つ

3.スキャンが終わると、メモリカードでのデータがリストで表示されます。復元したいデータの前にチェック入れてから「リカバリー」をクリックして、パソコンに保存します。

メモリカードでのデータを復元する

ステップ2:パソコンでメモリカードをフォーマットする

エラーが発生した記憶装置をパソコンに接続 → 該当sdカードやメモリカードを右クリックする → 「フォーマット」を選択する

後はカードを適正のファイルシステムにフォーマットするだけで、「Fatal error」を解決することができます。