> How to Use > PC引越し > Win 10マシンにWin 7でのデータを移行する方法

Win 10マシンにWin 7でのデータを移行する方法

2016-06-13 Posted by Bak to PC引越し

概要:
新しいパソコンに買い換えようとする時は、大量のソフトやアプリの移行はよくユーザーたちを悩ませます。Windows 10が搭載されるパソコンに換えたいですが、元のWindows 7パソコンでのデータやソフトを、どうやって新しいパソコンに移行できるでしょうか、今日はその方法を皆さんに紹介します。

最新バージョンのシステムWindows 10が搭載されるパソコンを買いましたが、ソフトやアプリをあらためてダウンロード、インストールするのはかなり時間かかるし面倒くさいと思うでしょう。何かWin 10マシンにWin 7でのデータを移行する方法があるでしょうか。

役に立たないUSBや外付けHDなどではなく、今日はパソコン引越しの専門ソフトであるEaseUS Todo PCTransを皆さんにお薦めします。面倒なことはなく、ただ簡単な操作でWindows 7からWindows 10へデータを移行できます。

EaseUS Todo PCTransとは?

EaseUS Todo PCTransとは、パソコンの中身の引越しを簡単に実現できて、Windows 7/8/10に完璧に対応できるPC引越しソフトです。画像、ビデオ、ゲーム...ありとあらゆる種類のファイルやソフトを丸ごとに古いパソコンから新しいパソコンに移行できます。

LANケーブルで2台のマシンを繋がったり、ネットワークでフォルダを共有したり、クラウドサーバーや外付け記憶装置にイメージファイルを作ったりすることで、引越しの橋を構築できます。操作も簡単ですから、パソコンにあまり詳しくない素人でもすぐに使えます。

PC引越しに行こう

1.まずは、LANケーブルでWindows 7とWindows 10の2台のパソコンを接続します。そして、引越しソフトを2台のパソコンにインストールします。
2.ソフトを運行して、「ネットワーク接続経由」を選択します。

「ネットワーク接続経由」を選択

「接続」してから、データ移行の方向(ソースパソコンと移行先のパソコン)を指定します。

移行の方向を指定

3.「編集」をクリックして、移行したいデータやソフトを選択します。

移行したいデータやソフトを選択

4.「転送」をクリックすることで、移行を始めます。

移行開始

ネットワークで移行する以外、EaseUS Todo PCTransイメージファイル経由でデータを移行することもできます。パソコンをデュアルブートにしたい方は是非イメージファイルの方を試してみてください。

EaseUSが選ばれる理由