> How to Use > PC引越し > Xbox 360からXbox Oneにデータを転送する方法

Xbox 360からXbox Oneにデータを転送する方法

2017-03-24 Posted by Bak to PC引越し

概要:
マイクロが新しいゲーム対応性ポリシーを発表した以来、Xbox 360の代わりにXbox Oneを利用する人はますます増えていきます。Xbox 360からXbox Oneにデータを転送するしたいですが、どうすれば実現させられるでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Xbox 360とXbox Oneの間のデータ転送

マイクロが新しいゲーム対応性ポリシーを発表したことで、Xbox Oneでは以前の型でのセーブを引き続き楽しむことができるようになりました。そのため、Xbox 360からXbox Oneにゲームのセーブデータを転送するのは必要となります。

次は、Xbox 360からXbox Oneにデータを転送する二つの方法を紹介します。

クラウドでXbox 360からXbox Oneにデータを転送

1. Xbox 360で、「Settings」→「System」→「Storage」→「Games and Apps」にて移行したいゲーム名を見つけて、ゲームを保存します。データのコピーが自動的にクラウドにバックアップされます。
2. Xbox Oneにてバックアップされたゲームセーブを検出させます。
3. 上記手順を繰り返すことで、転送したいゲームを全てXbox Oneに入れることができます。

データ引越しソフトでXbox 360からXbox Oneにデータを転送

EaseUS Todo PCTrans Freeとは、LAN経由でデータとアプリを転送できる無料PC引越しソフトです。データ移行の作業は、データやアプリの上書きを避けるように、同じ名のファイルやアプリを再命名して移行先に保存します。とても便利なソフトなので是非試してみてください。

ソフトをダウンロードして、実際にデータ引越しをやってみましょう。

1.EaseUS Todo PCTrans Freeをパソコンにインストールして、2台のXboxをパソコンに接続します。

2.「イメージファイル経由」を選択します。

「イメージファイル経由」モードを選択する

3.Xbox 360でのゲームデータを選択して、「セーブ」を選択します。

Xbox 360でのゲームデータを選択する

4.転送プロセスを実行します。

EaseUSが選ばれる理由