> How to Use > パーティション管理 > Windows 10とWindows 7/8/8.1のデュアルブート環境を構築する方法

Windows 10とWindows 7/8/8.1のデュアルブート環境を構築する方法

2015-06-05 Posted by Bak to パーティション管理

概要:
Windows 10を試してみたいが、使い慣れたWindows 7やWindows 8/8.1を諦めたくない、特にシステム中にインストールされた大量のソフトや今までのデータをバックアップして、Windows 10に復元や移行することに時間と力を費やしたくない場合、Windows 10とWindows 7/8/8.1のデュアルブート環境を構築する簡単な方法を紹介します。

Windows 10を試してみたいが、使い慣れたWindows 7やWindows 8/8.1も諦めたくません。特にシステム中にインストールされた大量のアプリケーションソフトと今までのデータをバックアップして、Windows 10に復元や移行することに時間と力を費やしたくない場合、Windows 10とWindows 7/8/8.1のデュアルブート環境を構築する必要があります。この記事では、上記デュアルブート環境を作成する簡単で迅速な方法をご紹介します。

Windows 10 メインウィンドウ

ステップ 1:Windows 10インストール用のパーティションを作成

EaseUS Partition Master Free」という無料のパーティション管理ソフトを使って、Windows 7/8/8.1環境で、Windows 10インストール用のパーティションを新規作成します。

  • EaseUS Partition Master Freeを実行して、ディスクの状態が見えます。

ディスクの状態

  • 未割り当ての領域を作成するために、ボリュームのエッジをドラッグして、パーティションEとパーティションFを縮小します。(Windows 10のインストールに16GB以上の容量が必要)

隣のパーティションを縮小して、未割り当ての領域を作る

  • 未割り当ての領域を右クリックして、「パーティションを作成」をクリックします。そして、パーティションのラベルなどの情報を設定し、「OK」をクリックします。

パーティションを新規作成する

パーティションの情報を設定する

  • 最後に、適用をクリックして、パーティションの作成が完了します。

変更を適用させる

ステップ 2.Windows 10をインストール

パーティションの作成が完了した後、Windows 10のインストールを始めます。Windows 10のインストールDVDをパソコンに挿入してから、パソコンを再起動します。(BIOS設定でDVDドライブからの起動を有効化させる必要があります。)

  • 「今すぐインストール」をクリックします。

Windows 10 インストール ステップ1.

  • インストール種類を選択するとき、「カスタム」を選択してください。

Windows 10 インストール ステップ2.

  • Windows 10をインストールためにパーティションを作成したディスクを選択します。

Windows 10 インストール ステップ3.

  • インストールプロセスが完了した後、アカウントに登録して、ライセンスキーを入力します。

Windows 10 インストール ステップ4.

ここで、Windows 10とWindows 7/8/8.1のデュアルブート環境を構築する準備が完了しました。Windowsを再起動してください。

  • Windows 10或いはWindows 7/8/8.1からの起動を選択します。

Windows 10或いはWindows 7からの起動を選択する

  • 既定の起動設定やそのほかのオプションの変更をクリックして、既定のオペレーティングシステムの選択により、既定のOSを選択できます。

起動設定の変更

EaseUS Partition Master Freeという高性能の無料のパーティション管理ソフトは、パーティションのサイズ変更、作成、移動、削除、フォーマットなど、たくさんの機能を備えていますので、デュアルブート環境を作成する場合でけではなく、HDD容量を管理する時にも推奨します。

関連トピックス

EaseUSが選ばれる理由