> How to Use > Macファイル復元 > macOS 10.12 Sierraで紛失されたドキュメントを復元する方法

macOS 10.12 Sierraで紛失されたドキュメントを復元する方法

2017-04-18 Posted by Bak to Macファイル復元

概要:
誤削除やシステムクラッシュなどの原因で、macOS 10.12 Sierraで保存されたドキュメントファイルが紛失されました。macOS 10.12 Sierraで紛失されたドキュメントを復元するには、どうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

macOS 10.12 Sierraでのドキュメント紛失

「macOS 10.12 Sierraにアップグレードした後、システムが不安定な状態になってしまって、ついにシステムクラッシュが発生しました。一部のドキュメントファイルも紛失されることになりました。何か復元する方法あるでしょうか?」

macOSでドキュメント紛失に遭遇した方には、無料のMac向けデータ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeをお薦めします。

EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeを利用することで、わずかのステップでMacで紛失されたデータを復元することが可能です。是非体験してみてください。

macOS 10.12 Sierraでドキュメントを復元する手順

1..ソフトを実行して、復元したいファイルの種類を「ドキュメント」と指定して、「続ける」をクリックします。

macOS 10.12 Sierraで紛失されたドキュメントを復元する方法ステップ1

2..ドキュメントファイルのもとの保存ディスクを選択します。そして、「スキャン」をクリックします。

macOS 10.12 Sierraで紛失されたドキュメントを復元する方法ステップ2

3..スキャンが終わると、すべての復元可能なドキュメントファイルが表示されます。ソフト内でファイルの詳細をプレビューすることができます。最後に、ファイルのチェックボックスにチェックを入れて、「リカバリー」をクリックして保存します。

macOS 10.12 Sierraで紛失されたドキュメントを復元する方法ステップ3

EaseUSが選ばれる理由