> How to Use > Macファイル復元 > macOS 10.12 Sierraでゴミ箱から削除されたファイルを復元する方法

macOS 10.12 Sierraでゴミ箱から削除されたファイルを復元する方法

2017-04-18 Posted by Bak to Macファイル復元

概要:
皆さんは、macOS 10.12 Sierraで大事なファイルをゴミ箱に入れて、しかもゴミ箱もクリアにしたことありますか?macOS 10.12 Sierraでゴミ箱から削除されたファイルを復元するには、どうすればいいでしょうか?その方法を皆さんに紹介します。

Macゴミ箱復元について

「macOS 10.12 Sierra環境で、ゴミ箱から大事なファイルを誤って削除してしまいました?macで一新されたゴミ箱を復元できる方法あるでしょうか?教えてください。」

ファイルを間違って削除しても、ゴミ箱に入れられるからと思って油断してしまう人は少なくありません。しかし、ゴミ箱まで一新させてしまうと、データ復元作業は難しくなります。実は、ゴミ箱から削除されても、ファイルが上書きされない限り、復元するのも可能です。

ここで、無料なMacゴミ箱復元ツールEaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeを皆さんにお薦めします。一新されたゴミ箱から、まだ上書きされていないデータを救出することが可能です。

操作手順

1.EaseUS Data Recovery Wizard for Mac Freeを起動して、初期画面で復元したいファイルの種類を指定して、「続ける」をクリックします。

macOS 10.12 Sierraでゴミ箱から削除されたファイルを復元する方法ステップ1

2.ファイルをゴミ箱に移入する前の保存場所を選択します。そして、「スキャン」をクリックします。

macOS 10.12 Sierraでゴミ箱から削除されたファイルを復元する方法ステップ2

3.スキャンが完了した後、復元可能なファイルがリストされます。ファイルのパス、種類、時間によりファイルをリストさせることができます。最後に、復元したいファイルを選択して、「リカバリー」をクリックし復元します。

macOS 10.12 Sierraでゴミ箱から削除されたファイルを復元する方法ステップ3

EaseUSが選ばれる理由