> How to Use > 製品活用ガイド > EaseUS Data Recovery Wizard無料・試用版の活用方法

EaseUS Data Recovery Wizard無料・試用版の活用方法

2016-01-12 Posted by ishi to 製品活用ガイド

概要:
EaseUS Data Recovery Wizard無料版は数多くのユーザーに愛用されています。この記事では、EaseUS Data Recovery Wizardの詳しい操作方法、通常スキャンとディープスキャンの注意点、またはお客様が使用中によくあった疑問そして解決法を皆さんに紹介ます。FAQsも記載されています。

この記事はEaseUS Data Recovery Wizardの全バージョンに適用します。

はじめに

この記事はさまざまなデータ紛失の場合に、EaseUS Data Recovery Wizard無料・試用版の活用する方法をご紹介します。このソフトの作業方法や正しい使用手順FAQについて系統的に説明します。本文をご覧になった上で、下記のステップにしたがって、データを復元してみましょう。

目次

  • データをうまく復元する前提条件
  • FAQs
  • 四つのステップで簡単にテストスキャンする方法

テストスキャンの重要な前提条件が四つある

  1. 1.ドライブが正常にWindowsディスク管理に記載されていることを確保します。(「マイコンピュータ」を右クリックし、「管理」を選択してください >「記憶域」「ディスクの管理」)そうでない場合は、ドライブを認識に失敗します。
  2. 2.失われたデータを含むドライブにハードウェアの問題や不良セクタ・電源の問題がないことを確認します。ハードウェアの問題や不良セクタは、HDTuneのようないくつかのプロのハードドライブ診断ツールで確認することができます。
  3. 3.新しいデータでドライブに上書きしないでください。それに、データが失われてから、それ以上の操作を行わないでください。これはすでに起こっている場合、ただ影響を受けていない失われたデータの一部が復元できます。
  4. 4.このソフトに関するいくつかの基本情報はやソフトウェア・ハードウェア要件、対応ファイルシステム、ファイルタイプ等が動作環境にあります。 

FAQs 

1.EaseUS Data Recovery Wizardでデータを復元できるのか?

場合によってデータ紛失ケースが異なっています。テストスキャンしないと、確かな答えを出すことは難しいです。
失われたデータを二回目に破損しない(データが失われた後に新しいデータで上書くこと、またはパーティションにさらに変更を行わないこと)場合、理論的に言えば、このソフトが復元できると言えるでしょう。

2.スキャンにはどのくらいの時間が必要?

上記の質問と同じ、異なるデータとデータ量、異なるデバイスのI/ O速度などによって、かかる時間が断言できません。例を挙げると、使用した1TB SATAハードドライブは、通常12〜15時間かかると思います。

3.データがCドライブで紛失したか・OSラッシュによる失われるかについてどうやって分かるか?

すべてのパーティション・ドライブ操作は失われたデータにとって、より一層の損害になります。そして、いずれのデータ復元ソフトでも復旧しがたいです。
失われたデータは、システムパーティションにある場合、データへのさらなる損害を避けるために、直ちにシステムの使用を停止する必要があります。それから、スキャン用のデータドライブとして別のコンピュータに接続します。あるいは、WinPEのエディションを使って異なるPre-OSでスキャンします。

4.不正なシステム復元によるデータ損失の場合は?

システムリカバリー中に新しい書き込まれるデータが既にドライブ上の古いデータを上書き、データを回復できない状態になっています。とはいえ、上書きされてない失われたデータの復元を試してください。

5.無料版と試用版の作業が同じ?

ライセンスを獲得する前にテストスキャン用の無料版試用版二つありますが、実はスキャンメカニズムが同じです。有料版も同じメカニズムを使うので、より良いスキャンできるとはいえません。
ただ、無料版はフリーで合計2GBのデータを復元することができますが、有料版は復元するデータ量に制限ないです。試用版はライセンスを購入する前に失われたデータを見つけるかどうかを確認するツールのみです。
無料版では、Facebook、 Twitter、Google+へ共有すると、デフォルト1GBに加えて合計2GBを使用できます。

四つのステップで簡単にテストスキャンする方法

1.ファイルの場所を選択

失われたファイルが保存するパーティション・場所を選択します。紛失した・破損したパーティションによるデータを失った場合は、「紛失したディスクドライブ」を選択してください。

当社の製品は、最初にクイックスキャンを処理します。数分でスキャンを終了し、いくつかの最近削除されたファイルを一覧表示することができます。しかし、必要なものを検出しない場合、ディープスキャンを試してください。(ディープスキャンは、クイックスキャンよりもっと時間がかかります)

バージョン8.0およびそれ以降のバージョンを使用すると、スキャン開始後に発見されたファイルが表示されています。

いつでも「停止」ボタンで、スキャンプロセスを中断し、データを保存することができます。ただ、効果的には、スキャンを終了するまで待つことをお勧めします。

スキャン中に一時停止あるいは停止

2.検索結果で必要なデータを確認

検出されたすべてのデータは下の画像に示すように表示されます。必要とするデータをフィルタリングし、回復するファイルを決めます。

RAWフォルダをお見逃しなく

このステップにコツある!

1)いくつかのファイルタイプ(.jpg, .jpeg, .bmp, .xls, .xlsx, .doc, .docx, .txt.)が保存する前にプレビューできます。
2)「スキャン結果の保存」は、今度の復元プロセスを継続するために、現在のスキャンした結果を.sdfファイルで保存できます。ただ、実際のファイルを保存するには「リカバリー」ボタンを押しなければならないです。
3)重複した・未知のファイルは結果に表示される場合、無視してください。この製品は復元の可能性を高めるために、スキャンプロセスで見つかったファイルの痕跡を持つあらゆる復元可能なファイルを再構築しようとするという理由だけで結果に表示されます。
4)スキャン結果リストの一番下に「そのほかの紛失ファイル」(RAWファイル)フォルダをお見逃しなく。

3.スキャンしたデータを保存

検出されたデータは元の場所に保存されることはできません。各ファイルを復元するときに、ほかのドライブに保存します。
データを保存した後、1 NTFSまたは1 FATという名前のフォルダがターゲットドライブ上にあります。回復されるデータは、その下の後続のフォルダに含まれています。
もし無料版で失われたデータの一部を復元した場合、プロ版にアップグレードするのを勧めます。2GB以上のデータが復元できます。

ファイルサイズに制限があるのため、4GB以上である単一の大きなデータをリカバリーする場合、FAT12/16/32パーティションで保存しないでください。そうしないと、ファイルを開くことができないかもしれません。

EaseUSが選ばれる理由