> How to Use > 製品活用ガイド > EaseUS Data Recovery Wizard Freeユーザーガイド

EaseUS Data Recovery Wizard Freeユーザーガイド

2016-01-13 Posted by ishi to 製品活用ガイド

概要:
EaseUS Data Recovery Wizard Freeをご利用になった方々には、操作手順を詳しく説明するチュートリアルを用意しました。ソフトの実行方法や操作ステップ、または活用する小技まで紹介いたします。無料のリカバリソフトであるEaseUS Data Recovery Wizard Freeが、失われたデータを復元するには必ずお役に立ちます。

EaseUS Data Recovery Wizard Freeは、安全かつ効率的なデータ復旧ツールで、最高のデータ復元を提供します。簡単なステップでお使いのパソコンやハードドライブ、記憶メディアなどからデータをと取り戻します。

ステップ1.ソフトを実行し、スキャンを始める

まずは、ソフトをダウンロードし、コンピュータにインストールしてください(失われたファイルやデータが上書きされるのを防ぐために、失われたディスクにインストールすることを避けてください)。

紛失したファイルの場所を選択
デスクトップ、ライブラリ、ハードディスクドライブ、紛失したディスクドライブなどからファイルが失われた場所を選んでください。(このオプションは、削除したパーティション、紛失したパーティション、または再パーティションによるデータが紛失した場合に対応します。パーティションテーブルを読み込んで、すべての削除されたパーティションの情報が一覧表示されます。)

紛失した場所を選択

ステップ2.スキャン

プログラムの上部にスキャンプロセスを表示する進行バーがあります。バーの隣には、「停止」ボタンがあります。一時停止ボタンを押すと、一時的にスキャンを停止し、後で再開することができます。プロセスバーの下に推定の残り時間とスキャン進行のパーセンテージが表示されています。

スキャン

最初のスキャンは素早く終了します。クイックスキャンが完了した後、ディープスキャンが自動的に行います。以下の場合にディープスキャンが役立ちます:

  • 1)一度目のスキャンでは必要なファイルが発見できない場合
  • 2)復元されたファイルが正しく開けない場合

最初のスキャンよりもっと時間がかかるセクタバイセクタ・スキャンで実行しますので、必要のない場合は途中で作業を中断しないでください。

ステップ3.プレビューと復元

スキャンの結果は3つの部分に分けて表示されています。左側にディレクトリツリーリストが表示しており、パス、種類や時間によってファイルを簡単にフォルダすることができます。中央のウィンドウに左側で選択された項目の下にあるすべてのファイルとフォルダが表示され、より多くの情報(日付とタイプ)を提供します。右側のウィンドウには、中央のウィンドウで選択したファイルのサムネイルと情報が表示されます。「プレビュー」ボタンで、特定種類のファイルをプレビューすることができます。

最後のステップ:データを復旧

EaseUSが選ばれる理由