> How to Use > 製品活用ガイド > サーフェステスト(ディスク表面の不良セクター検査)を実行する方法

サーフェステスト(ディスク表面の不良セクター検査)を実行する方法

2016-03-10 Posted by Bak to 製品活用ガイド

概要:
ハードディスクで不良セクターを検査する方法がありますか?ディスクサーフェステストツールは文字通りのことを意味しますが、ディスク表面をスキャンして、不良セクターを検査して表記するツールです。これに通じて、パソコンは将来不良セクターを利用しないようにします。

はじめに

ハードディスクが長時間に使われていく内に、不良セクターが多くなる可能性も高くなります。不良セクターが保存されているデータは破損または消失しやすいです。

ハードディスクで不良セクターを検査する方法がありますか?ディスクサーフェステストツールは文字通りですが、ディスク表面をスキャンして、不良セクターを検査して表記するツールです。これに通じて、パソコンは将来不良セクターを利用しないようにします。

EaseUS Partition Masterのサーフェステスト機能

パーティション管理ソフトのEaseUS Partition Masterはサーフェステスト機能を提供しています。この機能はハードドライブのレビューにより、不良セクターを認識することができます。不良セクターを発見したら、このソフトは赤色でそのセクターを表記します。これに通じて、システムは不良セクターを認識して、利用しないことにします。不良セクターで保存されているデータはまだ読めますが、新しいデータの書き込みはできません。

また、OSをSSDへ移行する、またはパーティションのクローンなどの複雑な操作もこのソフトにより簡単に実現できます。

EaseUS Partition Masterでサーフェステストを実行する手順

1.EaseUS Partition Masterをダウンロードしてインストールします。そして、ソフトを実行します。

2.スキャンしたいディスクを選択して、右クリックします。下記画面が表示されたら、「サーフェステスト」機能を選択します。

2.「サーフェステスト」機能を選択する

3.EaseUS Partition Masterはセクターバイセクターでディスク表面を検査します。不良セクターが発見されたら、ソフトは赤色で表記します。

3.EaseUS Partition Masterはセクターバイセクターでディスク表面を検査する

EaseUSが選ばれる理由