> How to Use > 製品活用ガイド > WinPE 起動メディアの作成

WinPE 起動メディアの作成

2016-01-13 Posted by ishi to 製品活用ガイド

概要:
EaseUS Data Recovery Wizard WinPE版でWinPE 起動メディアの作成し、データを簡単に復元する方法を紹介します。

はじめに

コンピュータが起動できないあるいは、紛失したデータがCドライブにある(例えば、誤ってCドライブでファイルを削除したため、システムリカバリを実行する)場合、EaseUS Data Recovery Wizard WinPEをオススメします。Cドライブでの操作は、通常一時ファイルを作成します。これらのファイルが探している失われたデータを上書きするので、Windowsで直接にデータ復元するのはきわめて危険な操作になります。WinPE版でそれ以上の損失を防ぎ、全く異なる環境からデータを復元することができます。この記事では、WinPE版でデータを回復する方法を紹介します。

手順

ステップ1.WinPE 起動デバイスを作成する

書き込み可能なCD / DVDやUSBフラッシュドライブ、外付けドライブでブータブルメディアを作成できます。ご購入後にダウンロードしたEXEファイルを実行し、ブータブルディスクを作成できるデバイスを選択して、「作成」ボタンをクリックして、完了します。

WinPE 起動デバイスを作成する

ISOファイルをエクスポートし、ほかの焼くツールでブータブルメディアを作成します。

ISOファイルをエクスポート

ステップ2.BIOSのブート順を変える

先ほど作成したブートデバイスからロードするために、ブートキューの一番上にCDドライブまたはUSB-HDDを配置する必要があります。通常は、BIOSセットアップユーティリティで設定します。F2(デスクトップ用)、Del(ラップトップ用)キーなどを押すことでユーティリティをログインします。以下は、BIOSセットアップユーティリティの一種です。あなたの持っているのとインターフェイスが異なる場合がありますが、メカニズムが同じです。ブートメニューの場所と起動順の変更を確認できて大丈夫です。

BIOSのブート順を変える

ステップ3.データを復元する

WinPE起動ディスクをロードした後、ガイドに従ってデータ復旧を開始します。ファイルの種類と場所を選択することで、簡単にスキャンし復元できます。

EaseUS Data Recovery Wizard WinPE版は無料試用版がないため、ご購入することが必要です。

EaseUSが選ばれる理由