> How to Use > 製品活用ガイド > 再スキャンせずに前回のリカバリーを継続する方法

再スキャンせずに前回のリカバリーを継続する方法

2016-01-15 Posted by ishi to 製品活用ガイド

概要:
Easeusは復元するプロセルにスキャン結果を保存するオプションを提供しています。再スキャンせずに前回のリカバリーを継続する方法をご説明します。

はじめに

EaseUS Data Recovery Wizard は、復元するプロセルにスキャン結果を保存するオプションを提供しています。以下に挙げられる状況に合った場合、データ復元をより簡単に処理するために、このオプションのお使いをオススメです。

  • 復元したいファイルがまだあるが、他の事をやらなければならない場合
  • 大量のデータが表示されるが、一度にそれらを保存することはできない場合
  • 復元したファイルの保存にドライブが容量不足になり、別のドライブを準備する必要がある場合

この記事に沿って、マウスをクリックするだけでスキャンの結果を保存できます。そして、保存されたファイルで再スキャンせずに直接データを回復してみます。

スキャン結果を保存する方法

「スキャン結果の保存」をクリックするだけになります。また、本製品はエクスポートした.rsf ファイルを保存するパスが選択でき、ファイルの名前が変更でき、後ほどで簡単に見当たります。

スキャン結果の保存

Macをご利用の場合、「エクスポート」をクリックしてスキャン結果を保存します。

スキャン結果のエクスポート

ヒント:
.rsf ファイルは消えたファイルではなく、スキャンしたリアルタイムなデータのみ保存します。後で「インポート」しなければ使用できません。

保存したスキャン結果の使用法

スキャン結果を「インポート」するボタンが本製品のタイトルバーで見つけられます。それをクリックし、エクスポートした.rsf ファイルを選択して、再スキャンせずに直接にスキャン結果のページをに遷移します。それから、直ちに失われたデータの復元を続行します。

スキャン結果のインポート

Macをご利用の場合、ホームページの「インポート」ボタンをクリックしてスキャン結果を輸入し、前のスキャンを続けます。

スキャン結果のインポート

ご注意:
エクスポートしたスキャン結果は同じ端末でのみ使用可能です。他の端末でそのファイルをインポートしても、前回のスキャンに戻れません。できるだけ早く.rsf ファイルを使ったほうがいいです。システムの変更や長い時間の待機により、.rsf ファイルの損失と使用不能を引き起こすかもしれません。

チュートリアルビデオにご参照ください

EaseUSが選ばれる理由