> How to Use > ホットトピック > Windows 10 Creators Update:2017年3月にRTMバージョンがリリース

Windows 10 Creators Update:2017年3月にRTMバージョンがリリース

2017-02-15 Posted by Bak to ホットトピック

概要:
注目のWindows 10大型アップデート―Creators UpdateのRTMバージョンが、2017年3月7日から14日までの間にリリースされることが明らかになりました。新機能を追加するより、現存のバッグを修復し、パフォーマンスを上げることに集中したいというマイクロ公式的な意向があるため、RTMバージョンがリリースした後、正式版が出るまではどのくらいの時間かかるでしょうか?それについて皆さんに話します。

Windows 10 Creators Update RTMバージョンが2017年3月に

Windows 10の「Creators Update」について、非公式的な情報によると、RTMバージョンが2017年3月7日から14日までの間にリリースされることになります。待望のWindows 10 Redstone 3が、Creators Updateの後にスケジュールに入りことになり、今年の秋のころに配布されると推測できます。

Creators Updateの基本機能は既に固定されたので、バッグの修繕とパフォーマンスの向上が今後の主な課題とマイクロ側に発表されました。そのため、4月の正式バージョンまでの一ヶ月間は、バッグと不具合の修復に使われるでしょう。

しかし、今月の月例アップデートのように、「公開ギリギリになって一部のユーザーに影響を与える懸念のある問題が見つかった」などになる可能性もあるので、正式版のCreators Updateが予定時間通りにリリースされられるかどうかはすこし心配ですね。

でもバッグ取り作業はCreators Updateの最終バージョンにとっては不可欠なもので、これからの幾つかのバージョン更新も、新機能を追加することではなく、むしろ大量のバッグを修繕することに違いありません。

3月14日の後、Creators Updateの内部テストに参加するユーザに間もなくRTMバージョンが配信されます。4月の正式バージョンについて、非公式情報によると、バージョン番号は「1704」に決まったらしいです。文字通り、2017年4月と意味しています。

以上は皆さんにシェアしたい今年のWindowsアップデート情報です。2017年の大型アップデート:Windows 10 Creators UpdateとWindows 10 Redstone 3を楽しみにしている方の役に立つことができたら、幸いです。

Windowsアップデート前の注意点そして更新中のエラー修復

アップデートするためのパソコン最適化

システムディスク容量不足、ジャンクファイルの溜まりが、システムアップデートを失敗させる可能性が高いと指摘されています。ここで、無料のパソコン最適化ツールEaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。システムディスクを拡張、ジャンクファイルを検出し削除、ディスクのエラー修復など様々な機能を備えている無料ソフトといえば、このソフトは最適でしょう。それを利用して、Windowsシステムアップデートを行う前にパソコンの最適化を行いましょう。

「クリーンアップ/最適化を実行」をクリックして、ジャンクファイルや大容量ファイルを削除するのができます。

パソコンでのジャンクファイルや無駄の大容量ファイルを削除する

システムディスクを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択します。それでディスクでのエラーを検出、修復することができます。

ディスクでのエラーを検出し、修復する

Windows 10トラブルシューターでエラーを修復

1. 「Windows + X 」を同時に押してから、「コントロールパネル」を選択します。
2. サーチボックスで、「troubleshooter」と検索します。そして「Troubleshooting」をクリックします。
3. 「システムとセキュリティ」で、「Fix problems with Windows Updates」プロセスを運行させます。

セーフモードでパソコンを起動

セーフモードでパソコンを起動すれば、一部のエラーの発生率が下がります。セーフモードでパソコンを起動してアップデートを試してみてください。

1. パソコンを再起動し、ロゴが出る前にF8を押します。
2. 「Advanced Boot Options」メニューで、「Safe Mode with Networking」を選択します。
3. セーフモードでパソコンを起動できたら、再度システムアップデートを試します。

EaseUSが選ばれる理由