> How to Use > ホットトピック > Windows 10 KB4013429 ダウンロード&アップデートエラー解決~OSビルドが14393.953に~

Windows 10 KB4013429 ダウンロード&アップデートエラー解決~OSビルドが14393.953に~

2017-03-15 Posted by Bak to ホットトピック

概要:
2017年3月15日に、Windows 10の3月分の月例更新アップデートKB4013429が配布されました。2月にリリースされなかった分を足すようで、かなりの修正量が含まれています。KB4013429のリリースと同時に、OSビルドが14393.953になります。この記事では、Windows 10 KB4013429のダウンロードリンク、またはアップデート中散見されたエラーの解決法を皆さんに教えます。

2017年3月15日(アメリカ日付け3月14日)、Windows 10の月例累積アップデートKB4013429が配布されました。2月の月例アップデートがキャンセルされた分で、3月の更新は普通より多くの更新点が含まれています。

セキュリティ問題修正のプログラムとして、複数のモニターで3D描画アプリを実行するとに遅延が起こる問題や、Active Directoryユーザーアカウント属性を変更するとクラッシュになる問題など、前のアップデートで解決されなかった、または新しく現れた脆弱性を修復したようです。特に2月にセキュリティ更新が行われなかったため、システムを守るには、今回のKB4013429アップデートの実行を皆さんにお薦めします。

テストとして、筆者も数台のパソコンでアップデートを行ってみました。すべて問題なくアップデートできました。しかしながら、一台のパソコンでは自動更新のダウンロードプロセスが99%に止まってしまい、最後は自動更新を諦めてパッチファイルを直接にダウンロードすることでなんとなく解決できました。おそらく前の累積アップデートと同様に、KB4013429アップデートを行う時にもエラーが発生するかもしれません。次は皆さんに、KB4013429アップデートエラーを解決するための幾つかヒントを教えます。

アップデートする前にするべきこと

システムディスク空き容量不足、ジャンクファイルの累積など、パソコン環境を崩しながら、システムアップデートエラーの導火線にもなります。ここで、無料PC最適化ツールEaseUS Partition Master Freeを皆さんにお薦めします。システムディスク拡張、ジャンクファイルの検出&削除、ディスクのエラー修復など実用的な機能を多く備えています。無料で利用できますので、Windowsシステムアップデートを行う前に、是非このソフトを使って、PC最適化を行ってください。

「クリーンアップ/最適化を実行」をクリックして、ジャンクファイルや無駄の大容量ファイルを削除します。

パソコンでのジャンクファイルや無駄の大容量ファイルを検出して削除する

システムディスクを右クリックして、「パーティションをチェック」を選択して、ディスクでのエラーを検出し、修復することが可能です。

システムディスクでのエラーを検出し、修復する

KB4013429ダウンロードリンク

前に言ったように、ダウンロードプロセス停滞などの原因で、自動更新がうまくいかなかった場合、手動でパッチファイルをダウンロードしてインストールするのは最善な方法と思われます。次はKB4013429のダウンロードリンクを皆さんにご提供します。

Windows 10 KB4013429 ダウンロード

KB4013429アップデート中発生したエラーを修復する方法

Windows 10トラブルシューターでエラーを修復

1. 「Windows + X 」を同時に押してから、「コントロールパネル」を選択します。
2. サーチボックスで、「troubleshooter」と検索します。そして「Troubleshooting」をクリックします。
3. 「システムとセキュリティ」で、「Fix problems with Windows Updates」プロセスを運行させます。

セーフモードでパソコンを起動

セーフモードでアップデートを行うと、エラーの発生率が下がります。

1. パソコンを再起動し、ロゴが出る前にF8を押します。
2. 「Advanced Boot Options」メニューで、「Safe Mode with Networking」を選択します。
3. セーフモードでパソコンを起動できたら、再度システムアップデートを試します。

EaseUSが選ばれる理由