> How to Use > ファイル同期 > オンラインストレージ・クラウドストレージのファイル同期

オンラインストレージ・クラウドストレージのファイル同期

2015-12-31 Posted by Bak to ファイル同期

概要:
PCのローカルフォルダにファイルを追加したや変更したたびに、クラウドストレージにコピーする必要があります。それに、クラウドに保存されているファイルをPCにダウンロードすることは大量な時間がかかります。それで、クラウドとローカルのフォルダを同期することを考えています。EaseUS EverySyncは、オンラインストレージの同期機能を提供した使いやすい同期ソフトです。簡単操作でGoogleドライブ、OneDrive、Dropboxのフォルダとローカルフォルダの同期を設定することができます。

ますます多くのユーザはGoogleドライブ、OneDrive、Dropboxなどのクラウドストレージサービスに大容量データ大切な写真、音楽、ドキュメントなどのファイルを保存しています。オンラインストラージやクラウドストレージはファイルの保存、バックアップの機能を提供しているだけではなく、いつどこでもアクセスできますので、ポータブル記憶装置よりも便利性が高いです。

しかし、PCのローカルフォルダにファイルを追加したや変更したたびに、クラウドストレージにコピーする必要があります。それに、クラウドに保存されているファイルをPCにダウンロードすることは大量な時間がかかります。それで、クラウドとローカルのフォルダを同期することを考えています。

クラウドストレージ同期ソフト - EaseUS EverySync

EaseUS EverySyncは、オンラインストレージの同期機能を提供した使いやすい同期ソフトです。簡単操作でGoogleドライブ、OneDrive、DropboxのフォルダとWindowsPCのローカルフォルダの片方向同期と双方向同期を設定することができます。また、定期的に自動同期を実行する同期プランを設定することもできます。次はこのソフトを使って、簡単なステップでクラウドファイルの同期を設定する手順を解説します。下記からこのソフトの無料体験版をダウンロードすることができます。

Step 1.EverySyncを実行して、Cloudをクリックして、クラウドストレージの種類(Google Drive、OneDrive、Dropbox)を選択します。

クラウドストレージの種類を選択する

Step 2.クラウドにログインして、EverySyncのアクセスを許可します。

EverySyncのアクセスを許可する

Step 3.クラウドストレージの検証が完了した後、同期したいフォルダを選択します。そして、「OK」をクリックします。

同期したいフォルダを選択する

Step 4.パソコン上のフォルダを選択して、「同期を開始」をクリックします。

「同期を開始」をクリックする

Step 5.同期が完了した後、「プロパーティ」をクリックして、同期方向や同期プランを設定することができます。

同期方向や同期プランを設定する

EaseUSが選ばれる理由