> How to Use > ファイル復旧 > 誤削除で紛失したpngファイルを復元する方法

誤削除で紛失したpngファイルを復元する方法

2017-03-28 Posted by Bak to ファイル復旧

概要:
スクリーンショットを取るとき、常にpngファイルとして保存されます。誤削除、誤フォーマットなどの操作で、pngファイルが紛失された場合、どうすれば、そのpngファイルを復元できるでしょうか?この記事では、誤削除で紛失したpngファイルを復元する方法を皆さんに紹介します。

誤削除によるpngファイル紛失

「スクリーンショットのpngファイルを間違って削除してしまいました。一部の不要なファイルだけを削除するつもりだったのに、うっかりして大事なpngファイルも紛失されてしまいました...復元する手段ありますか?」

JPEGファイル形式は、最も一般的な写真フォーマットとして、広く使用されていますが。スクリーンショットはpngとして保存されるのは普通です。

パソコンが既に日常生活に普及されたから、スクリーンショットを取ることも頻繁となりました。大事なスクリーンショットが紛失されると、必ず困ることに違いありません。

pngファイル向けのデータ復元ソフト

ここで、JPG/JPEG/PNG向けのデータ復元ソフトEaseUS Data Recovery Wizardを皆さんにお薦めします。迅速的に様々な記憶装置から、紛失されたpngファイルを復元することが可能です。是非試してみてください。

操作手順

1.ソフトを実行して、紛失されたpngファイルの元の保存ディスクを選択して、スキャンを始めます。

誤削除で紛失したpngファイルを復元する方法1

2.クイックスキャンが完了した後、ディープスキャンが自動的に行います。pngファイルを復旧するには、上の欄で紛失ファイルの種類を画像と指定します。

誤削除で紛失したpngファイルを復元する方法2

3.復旧したいファイルをチェック入れてから、「リカバリー」をクリックします。ファイルの保存先を選択して、「保存」をクリックします。

誤削除で紛失したpngファイルを復元する方法3

チュートリアルビデオ